2013年10月24日

朗読マイスターズ旗揚げ公演

もある公演は、無事終了。
ご来場下さった皆様、エールを送って下さった皆様、
本当にどうもありがとうございました。


そして、そして・・・!
息つく暇なく、来月11月20日は、朗読マイスターズの旗揚げ公演です。


rodoku.misters01.jpg

rodoku.misters02.jpg


女性ばかり10人の朗読プロジェクト。
その公演第一弾の作品として選んだのは、上質の名作ミステリー。
女性だけによる、”生で演じるラジオドラマ”『弁護側の証人』(原作:小泉喜美子)


もとヌードダンサーが、大富豪の息子に見染められて結婚。
その大富豪の家で起こる殺人事件。
容疑者が浮上し、裁判が続く中で、真犯人を明らかにできるか?!
弁護側が立てた意外な証人は、一体誰か・・・・?!
法廷で迎えるクライマックス。


立体的ライブのラジオドラマの演出家は、今ノリに乗っている大杉良さんです。
セリフに対する演出家の注文は、新鮮でなるほどと思うことばかり。

これまでと全く違う、新しい形の舞台に挑戦しています。


2013年11月20日(水)
めぐろパーシモンホール 小ホール



昼の部/14:00開演(13:30開場)  夜の部/19:15開演(18:30開場)

入場料:前売り3500円   当日3800円 (全席自由席)


☆ お問い合わせ :pal@hiroko-kohno.net (塙野ひろ子)
☆ 詳細     :http://roudokumeisters.com

お早めにお申し込みくださいね。

心から、お待ちしております! 

posted by ピロコ at 01:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

いよいよ、もある公演は、来週の金曜日!

butai002.jpg

st.regart03.jpg


本番まで、あと1週間!

年1回開催している朗読公演も、今回で13回目を迎えました。
あれもある、これもある・・・で、『も・ある』
ナレーター、歌い手、フリーアナウンサー、女優といったメンバーが、
役者であり、ドキュメンタリーのナレーターとして第一人者と言われる
伊藤惣一のもとで朗読を切磋琢磨しているグループです。
今回は、前半は“生きる”をテーマに、後半は宮沢賢治ワールドを
お届けいたします。
言葉の持つ力を信じて、それぞれが自分らしく紡ぎ出す物語を、
ひとときどうぞお楽しみください。


【 プログラム 】
「夜と空と雲と蛙」(詩の樹の下で」より) 長田 弘
「わかれ道」 樋口 一葉
「蛍川」より 宮本 輝

「どんぐりと山猫」 宮沢 賢治
「なめとこ山の熊」 宮沢 賢治

*私の選んだ作品は、宮本輝さんの「蛍川」です。
宮本輝さんの色彩感溢れる文章と、どこか温かくて切ない登場人物に
いつも惹かれます。
北陸の方言は、さて、表現できるかしら・・・?!


◆日時
18日(金) 開場18:30 / 開演19;00
19日(土) 開場13:00 / 開演13:30


◆場所
なかの芸能小劇場
 JR中野駅から徒歩5分
 (途中、中野ブロードウェイを通り抜けると、便利です。)
 TEL 03-5380-0931


◆入場料: 前売り2500円 /当日3000円

まだ、お席はどちらもあります!
お気軽にいらしてくださいね。
お待ちしております。



posted by ピロコ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

小説の舞台、いたち川を訪ねて

toyama..hi.jpg


超特急で行って参りました。

10月18日・19日とおこなう「ぐるーぷ・もある朗読Vol.13」
私の選んだ作品は、宮本輝さんの『蛍川』です。
その舞台が、富山です。

富山市は、20代の頃一度取材で行っただけで、以来全然縁のなかった町。
行ってみると・・・きれいですねえ!
2年後には新幹線が来ることもあり、思っていたよりずっとモダンで、新しくて。
町のあちこちに、素敵な銅像が飾られていました。

toyama.romendensha.jpg
路面電車。

toyama.sentoramu.jpg
こんな洒落た路面電車も!




いたち川へ。

小説『蛍川』の中では、いたち川のずっと上流の、誰も人が行かないようなところで、
4月まで大雪が降るような雪の深い年に限って、蛍の大群が集まって乱舞する、というのです。

toyama.itachigawa.jpg

なんて水がきれいなんでしょう!
さすが平成の名水百選に選ばれただけのことはあります。

toyama.itachigawa03.jpg

toyama.itachigawa02.jpg




乗ったタクシーの運転手さんがとても親切な方で、湧水の出ている「御手洗い場」に
案内してくれました。

toyama.enmeisui.jpg

町の人々が次々とやってきては、タンクでこの水を汲んでいきます。
昔も今も、川が人々の生活の中に繋がっているのですね。

toyama.ennmeijizou.jpg

そのそばにある、延命地蔵。
「お客さん、五円玉持っておるかね? 無ければ十円玉と両替してあげるから」
と運転手さん。
優しいな。
霊験あらたかなお地蔵様と聞いて、早速私もお参りしました。



toyama.hi02.jpg

1987年に『蛍川』が映画化された際のロケ地には、記念碑とモニュメントが
建てられていました。
三国連太郎さん、十朱幸代さん等、豪華メンバーの出演した映画です。



夜は、割烹料理店「松月」の名物女将にも会えて、富山のアレコレを伺いました。
富山弁も伝授して頂きました。
ちなみに富山の女性は、控え目によく尽くすけれど、
いざとなると強くて怖いんですって(笑)。

白エビも美味しくいただけて、最高の夜でした。


短い時間でしたが、小説の世界に思いを馳せながらの旅は楽しく、
富山行きにあたりお世話になったKさんには、あらためて感謝申し上げます。









posted by ピロコ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

第13回ぐるーぷ・もある朗読公演

朗読グループ「ぐるーぷ・もある」の朗読公演は、今年で13回目。
今回私は、宮本輝の『蛍川』を選びました。
以前から読んでみたい作品でした。
宮本氏の作品は昔から大好きなのですが、舞台が北陸や大阪なので、
方言で言うセリフの問題から、演目からはいつも外していました。
でも、今回は挑戦してみようかな、と。

メンバーそれぞれの世界が描けたら、と思っています。
ご興味がありましたら、ぜひぜひお運びください。

*お申込み・お問い合わせは pal@hiroko-kohno.net までどうぞ。

moaru2013.jpg




posted by ピロコ at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

『さいわい寄席』プロ・アマ共演で日本一に!

私が長く関わっている『さいわい寄席』に関する朗報です。

この度、様々な分野で日本一を認定するインターネットサイト「日本一ネット」から、
「アマ・プロ共演寄席入場者数日本一」に認定されました。
認定されたのは、4月の寄席の時点で、累計5万1590人の入場者数です。
ですので、次回公演で、さらに記録は更新されます。

さて、次回公演は、第40回、20周年記念です!
アマチュアの部では、一門全員による口上があります。
プロの部は、三遊亭歌る多師匠一門の揃いぶみ!
華やかに、寿二十周年祝舞も披露してくださいます。

川崎名物寄席として親しまれている『さいわい寄席』。
10月14日(祝)に、ぜひお運びください!
木戸銭は無料です。

saiwaiyose no.jpg

saiwaiyose no.40.jpg


posted by ピロコ at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

母と私の第2章

rihabiri01.jpg

母が、自宅の廊下で転倒し、腰椎圧迫骨折で病院に運び込まれてから、
約2カ月が経ちました。

別に公表するようなお話でもないのですが、この度転院をすませ、
ちょっと一息ついたところで、日記代わりに記させていただきます。
長くなるかも・・・(笑)

90歳過ぎた年寄りが、また歩けるようになるのか?!

でも、その前に、別の心配が襲ってきました。

入院3週間を過ぎたころから、急激に認知症の初期症状が表れ始めたのです。
自分でもわかるらしく「だんだん私はボケてきちゃった、色々な事がわからない」
と不安がります。
毎朝、「必ず来て!早く来て!」と、看護師さんに頼んで催促の電話。
(こんなこと、今までの母からは考えられません!)
食事も「まずい、まずい」と言って食べなくなりました。
カテーテルを外しても、残尿の影響で、時々急に体調が悪くなります。

一番驚いたことは、平仮名までも書けなくなったことです。
2〜3年前まで書道教授をしていたのに! 
これには母自身もショックを受けていました。


転院を考え、リハビリ病院と、老人介護福祉施設と、両方の見学巡り。
この際、多くの方々のご助言や手助けを受け、本当に本当に感謝しています。

色々見学してみて、感じたことが1つあります。
当たり前のことですが、結局、自分の目で見て判断するしかないと云う事。
それぞれ、患者の性格も健康状態も、目指すゴールも違うのですから、
行きつくところは、母のことを一番知っている私が、決めるしかないのです。
それだって、正解はわかりません。
ベッド数が限られているから、縁があるかないか、ということもあります。
そして最終的には、本人と病院(施設)との相性です。

また、整形外科の転院受け入れは、病院の経営的理由から、あまり積極的ではないようです。
これだけ高齢者の骨折が増えている中、その受け入れ態勢は実態に追い付いていないのが、
現状のようです。


急に、個室が空いたからと連絡を頂けたことはラッキーでした。
そして転院したのが、新横浜リハビリテーション病院です。(上の写真は運動広場)

約5年前にできた新しい病院で、開放的な雰囲気。
スタッフの皆さんは若く、とても親切です。
主治医の先生も、「もう一度カテーテルを外す努力をしてみましょう」
と、おっしゃってくださいました。

驚いたことに、転院してから、母の表情が全然違ってきました。
穏やかで、にこやかな表情をしています。
リハビリの時も、体操やゲームをしているときも、楽しそうです。
「玄関前の4段の階段を、私は自分の足で絶対上ってみせる」と言っています。
リハビリに励む母の姿は、けっこう感動モノです。

そして、
ナント、字が書けるようになってきたのです。
七夕の短冊にも、「歩けるようにがんばります 和子」と、筆ペンで書いていました。


最近、人生の諸先輩から、私は色々アドバイスを受けました。
「仕事は続けなさいね。なんとかなるものよ。」
「自分の人生も大切に」
「加齢による忘却は幸せなことなの。受け入れてあげなさい」
「介護は貴方の人生を深くしますよ」
こんな言葉を、今あらためてかみしめています。

誰もが通ってきた、あるいはこれから通る道ですものね。

退院後の自宅のリフォームや、ヘルパーさんの問題など、これからもまだまだ
色々あると思いますが、
「必ず、良い方向に向かっていく」と、今は漠然と信じています。

お読みになった方、長文拙文におつき合いいただき、ありがとうございました。


rihabiri03.jpg

前の病院で、入院中のおばあさまに教わった折り紙です。
正方形にカレンダー等を切り、三角形に折ったものを重ねて、
組み合わせるのです。
可愛いでしょ?!


posted by ピロコ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

秋の朗読公演に向けて

先日、母に
「娘さんの仕事は何ですか?と聞かれたら、なんて答えたらいいの?」
と尋ねられました。

う〜ん、一言で言うのは、案外むずかしい。
“フリーアナウンサー”として、司会やナレーションの仕事をしています。

“講師”としての仕事も、今や私の生活の半分以上を占めています。
で、何の講師?と問われれば、朗読講師のほかに、ビジネスマナーやキャリアデザイン、
スピーチと、色々引き受けています。

“朗読活動”は、稼いでいないから、仕事とは言えないかもしれないけれど、
ライフワークとして、大きな割合を占めています。

本当に、一言で肩書を言うのは難しいなあ!



さて、朗読に関して。

伊藤先生が体調を崩され、しばらく稽古の無かった「もある」ですが、
先日、久しぶりに集まり、先生の快気祝いを行いました。

この仲間といると、古巣に帰った気がします。
それぞれ、介護など家庭の事情を抱えているメンバーですが、
秋には、伊藤先生のためにも、もある公演を成功させたいと思っています。

10月18日(金)夜の部、19日(土)昼の部、の2回公演。
日を跨いでの贅沢な(?!)日程で行います。
場所は、いつもの中野芸能小劇場です。
今からもう手帳に記してくださいませ(笑)。


続いて、11月にも、私はもう1つの公演が控えています。
こちらは、最近、最強(?)女性陣と立ち上げた「朗読マイスターズ」
前回のブログでも紹介しましたが、こちらは、演出家のいる朗読劇を
行います。
また全然違うスタイルになりますので、ぜひこちらの旗揚げ公演も
いらしてくださいね。
11月20日(水)、目黒パーシモンホールにて。
どうぞ手帳にご記入を!!


忙しい日々の合間の朗読稽古は、雑念を忘れさせてくれて、
私にとって朗読は、とても大切な存在です。

お客様にもそんなふうに思って頂けるステージを作れたら、と
思いを新たにしています。


posted by ピロコ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

朗読マイスターズをよろしく!

『朗読マイスターズ』とは
アナウンサー、ナレーター、俳優、声優、演出家 等が集まり、
“読む”“話す”“伝える”をテーマに活動していく集団です。

今まで、女性集団というのはどちらかというと敬遠していた私ですが、
集まってみると、面白い!
華麗にしてパワフル!私は力をもらっています。
やっぱり現代は(いや昔からか?!)女性の時代だなあ、と思います。

ホームページができましたので、ぜひ顔ぶれをご覧ください。
http://roudokumeisters.com/index.html

今後の活動として決まっているのは。
【朗読劇の公演】
11月20日(水)めぐろパーシモン小ホールにて 
(詳細は、またご案内します)

【セミナーや話し方・朗読講座の開催】
ホームページをご覧くださいね。

ミニライブなども、メンバーが順番に行っていく予定です。

今後の活動にご注目!
「朗読マイスターズ」を、どうぞよろしくお願いいたします。

posted by ピロコ at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

「朗読と尺八の夕べU」のご案内


「朗読と尺八の夕べ」 ふたたび!!

まずは、こちらをクリック! http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DX3wO7-WrOZE&h=PAQGxTglb

4月に渋谷で行ったライブをもう一度!というリクエストがあり、池尻大橋で、あらためて再演すること
になりました。

池尻大橋といえば、江戸川乱歩ゆかりの地 (だそうです・・・)
今回、入江さんには、懐かしのTVドラマ「江戸川乱歩シリーズ」のテーマ曲も演奏していただきます!

内容も少し手直しして、気持ちも新たにお送りします。
小さなスペースですが、ぜひいらしてください。

*当日は、UStreamでの生放送もするそうです。

日時 : 5月31日(金)
場所 : ミュージックライブハウス『CHAD(チャド)』
(池尻大橋駅東口より徒歩30秒 出光G.S.脇のビル2F tel:03-3710-8731)
時間 : 開場18:30 / 開演19:30 (約2時間)
料金 : 2500円(ワンドリンク付き) 

演目 : 江戸川乱歩の世界 「二廃人」 「人でなしの恋」
    宮沢賢治 詩の世界 「春と修羅」 「疾中」 より


朗読 : 塙野 ひろ子 / 千葉 小津江
演奏 : 入江 要介

chad map.jpg






posted by ピロコ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

遅ればせながら、第39回さいわい寄席のご報告

saiwaiyose2013.4.06.JPG

4月21日(日)
またもや雨! 寒い!! >< 

先日の朗読ライブに続いて、よりによってのお天気。
もはや“晴れ女”は返上です・・・嵐を呼ぶ女?!!。

でも、そんなお天気の中でも、開場1時間前から行列を作って下さったお客様も
いらして、感謝感謝!
昼・夜の部ともに、ご来場本当にありがとうございました!


私が司会を務めて12年。
今回は、久々の高座で、清流亭小いしとして「たらちね」をやらせていただきました。


ゲストは、2つ目が三遊亭時松さん。真打ちは三遊亭金時師匠。

saiwaiyose.2013.4.02.jpg

金時師匠のお父様は、金馬師匠です。
かつて、金馬師匠の集大成と言える落語全集&DVDを制作した時、
私はインタビュアーとして金馬師匠のご自宅にも伺いましたし、
寄席も通わせていただきました。
だから、金時師匠の高座を拝見すると、その端正な噺っぷりに、
お父様譲りを感じました。

いつでもどこでも、明るく、迫力があり、打ち上げ時のスピーチも素晴らかった!


saiwaiyose.2013.4.03.jpg

こちらは、時松さん。
打ち上げ時の服装。とてもお人柄に好感のもてる方です。

お二人の写真は、お二人に許可を得て、載せさせていただきました。


saiwaiyose.2013.4.05.jpg

沢山のボランティアスタッフや、席亭いしあたまさんのお仲間、弟子によって
成り立っている「さいわい寄席」。

今秋は、いよいよ20周年を迎えます。





posted by ピロコ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。