2012年12月27日

クリスマスではなくて

rosoku2012.12.jpg

「お誕生日は何処で祝いたい?」と私。
「ヨット!」とラッコ。(久しぶりの登場です)

ハイヨ、ということで、12月25日がお誕生日のラッコのために、
24日のイブに、早目に仕事を終えたラッコと、東京で待ち合わせすることに。
私は母の夕飯を作ってから、ケーキとおかずを持って、ラッコの車に乗り込みました。
結婚以来、どうも我が家にクリスマスは無くなってしまいました(笑)


イルミネーション輝くクリスマスムードいっぱいの東京からどんどん離れ、
上り車線の渋滞横目に、東名高速下り車線はスイスイ。

途中買い物をして、9時近くに西伊豆にある古宇ヨット村に到着。


いました〜〜〜! 他にも、もの好きが!
イルミネーションつけて、待っていてくれました。

yotch christmas.jpg


それにしても、この辺りは、星が沢山、しかも大きく見えます。
天然のイルミネーションだ!
そうか、こんな静かなイブがあったのね・・・。


new mt.fuji.jpg

new on yotchi.jpg

翌日は、ものすごい強風。
クルージングはできなかったけれど、今年最後の富士山をたっぷり眺めて
帰りました。

harbar kou.jpg

posted by ピロコ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

2012年、夏の名残の海

kouo000.jpg


今年の夏は、海に行かれる機会が沢山あって、幸せでした。

9月11日。

9月に入って、さすがに少しずつ忙しくなってきました。
海に出るのも、これでしばしお休み。
セイルの修理等々をお願いするため、業者のIさんに来ていただき、
せっかくの素晴らしいお天気だからと、実はヨットレースのプロというIさんも一緒に、
駿河湾の海をゆったりセイリングしました。

富士山が見守ってくれました。


kou001.jpg



kou002.jpg



kou003.jpg



kou004.jpg





posted by ピロコ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

海と富士山

kou01.jpg


関東は猛暑の一日でした。

土曜日は、久しぶりにスーツを着て、品川で2時半まで司会の仕事をした後、
お迎えの車に乗って、静岡県古宇ヨット村へ。

なんでも恒例の、漁業組合とヨットクラブの共催による手作りサマーフェスタが
行われるとかで、絶対来て下さい!と言われて・・・。

東名高速が混んでいて、到着したのは18時過ぎ。
バンドのボサノバ演奏を聴きながら、バーベキュー大会でした。
勿論、サッサとスーツは脱いで、私もカジュアルモードでビールで乾杯!
妙に盛り上がりました。

その晩はヨットで宿泊。
私はデッキのベンチに、ソファとタオルケットを持ちだして、オヤスミ〜。
明け方は海上からの風で寒いくらいでした。

で・・・・
見られました! 朝の富士山を〜♪
6時に撮影したのがこちら。海鳥たちはせっせと朝食タイムのよう。

kou02.jpg

kou03.jpg


8時過ぎ。かなり暑くなり、富士山はブルーに霞んでいます。
kou04.jpg

posted by ピロコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

大島〜沼津 ヨットが行く

yotchi hiroko.jpg


ヨット「ヴァンデスト号」は、5年間お世話になった横浜ベイサイドマリーナを離れ、
沼津に近い古宇港に係留することになりました。

途中、大島に寄港して遊んでいる仲間達のもとへ、私は最後の2日間だけ合流。
熱海からジェットホイールに乗って45分。(満席でした!)
「赤門」という旅館に泊まりました。

夕飯は・・・料理が出てくる、出てくる!
お刺身もあったけれど、その中でも“ご馳走”と言ったらコレでしょう!
iseebi.jpg
伊勢海老〜♪
awabi02.jpg
アワビ!・・・本当はお刺身で食べたかったけど



そして翌朝6時半に出航。
かなりうねりが出ていたので、セイルも揚げず、エンジンだけで約8時間半。
結構な長旅です。

途中、突然三角波でヨットが大きく傾いた時、物を取ろうとしていた私は
脇をしたたか船体にぶつけ、イタタタタ!!
一瞬声が出なくなるほど痛かった(泣)。

izu.jpg

伊豆半島をぐるりと海から眺め、下田を過ぎたあたりから又穏やかな海になって、
途中の15分間ぐらい、ナント野生のイルカが一頭、横を泳いでくれたの!
感激でした!!
写真に収められず、残念。

無事に古宇マリーナに到着。
ドンピシャ、予定通り15時の到着でした。

晴れた日には富士山も見えるこのマリーナ。
静かだなあ〜。
近くに奇麗な景色のクルーズスポットが多々あるとのことなので、探検したいけれど、
さて、たまに来られるかな???
何しろ、年に2回位しかクルーズに参加できないので。

このマリーナの会員の中には、5年半かけて世界一周セイリングを成し遂げたご夫婦が
いらっしゃるとの事。
いつかお話を伺うのが楽しみです。

vandest numazu.jpg




posted by ピロコ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

夏を感じる場所

bayside.jpg


002bayside.jpg

bayside003.jpg


暑中お見舞い申し上げます

久しぶりにハーバーに行きました。
といっても、セイリングのためではなくて、ヨットのお掃除をするために(泣)。

ハーバーはいつでも気持ちいい!!

 
大学・専門学校共に、前期講師の仕事が終了。
あとは、山のような期末試験の採点と、成績評価をやらなければ。
7月中に頑張って片付ければ、8月はご褒美の夏休みが待っている!〜♪

10月23日開催の、もある朗読公演の準備も始まりました。

オリンピックも目前。
感動の夏がやってきました。


bayside004.jpg
マリーナ内のアウトレットモール前広場で

natu.kodomo.jpg




posted by ピロコ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

この夏のラスト・メモリー

hoyta.jpg

shukko.jpg

涼しいのはよいけれど、各地の豪雨が・・・!

極端すぎる今夏の天候です。

あの8月18日の暑さが、遠い昔のよう・・・。



この夏のラストクルーズは、友人安川有里さんの、県議会議員当選のお祝いクルーズ。
あらためてオメデトウ!

ご主人の安川健人さんは鎌倉市議会議員。

お二人とは、長〜〜い夫婦同士のお付き合いです。


もう一人の新人・城田県議会議員は、なぜかワイシャツに黒のスーツのズボン。
革靴といういでたちで現れた!

視察のつもりか!(笑)

ならば、「海から環境を考える」と題して視察してもらおうじゃないの。



まずは出航時前に、シャンペンで乾杯!
(このほか2名が乗船しています。というか、この2名が操船しました。)

いざ、千葉県保田港へ。



港を出た途端、風強し。

それでも、2時間半後には保田漁港に到着。


ebi.jpg

awabi.jpg


港の目の前の「ばんや」で、天丼やクジラの揚げ物ナドの他、アワビ・伊勢海老・
カツオ・ヒラメ・クロダイのお刺身を戴く。

今年の夏は沢山、新鮮な伊勢海老とアワビが食べられて、シアワセでした〜♪


夏休みは特に、車で来る家族連れで、ここは大変なにぎわいだ。
(広い・安い・魚の種類が豊富!)

帰路は風がますます強くなって、途中かなりの高波だったが、なんとか3時間半後に
ハーバーに到着。



約束のお祝いが無事果たせて、ヨカッタ〜〜!


posted by ピロコ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

夏の1コマ 〜ベイサイドマリーナにて

bayside marina.jpg


お盆休みに入りました。

今年は、様々な思いで初盆を迎える方が多いのですね。



横浜ベイサイドマリーナでは、子供たちに海に親しんでもらおうと、
KIDS YOCHIT SCHOOLが開催されていましたよ。

私は、年1回のヨットの船底塗りと船体掃除の手伝い。

私なんか、ヨットライフを楽しむというより、いつもお掃除オバサンじゃない!
とラッコに愚痴をこぼしつつ、

いつか歳とった時、これも夏の懐かしい思い出になるのかなあ。

一日せっせとよく働きました。

暑い、暑い!

水ばかり飲んでいました。

帰宅して見たら、ヤダ、肩が、腕が、焼けている〜〜〜。




でもね、いいこともあったの。〜♪

敷地内のアウトレットモールに、作業服のまま買い物に行っちゃった。

夏のバーゲン、これは無視できないでしょう!

INTERPLANETで、長めの上着を2枚50%オフで買っちゃった。

甘いグレイピンクと、鮮やかなサンゴ色の。

固めのスーツばかり着る機会が多いけれど、本当はビビットカラーが好きなのです。

リゾートウェアみたいな、やわらかい服が好きなのです。

(先日は、ROPEで明るい紺のフワフワワンピースを70%オフでゲット。
以前気になっていた品が値下げしていたので、すかさず買ってしまった。)



枯渇期の夏に、お金ばかり使ってどうする?!とも思うけれど、

服を買うのって、嬉しいナ。

ヨシ、その分、秋からガンバロウ。


こんな私は、かなりノー天気で幸せ者です。


posted by ピロコ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

神津島〜大島〜横浜クルージング

8月2日。

初めての泊まりがけのクルーズです。

前の晩、静岡沖で地震があったので、恐る恐るの参加でした。



熱海からジェットホイールで1時間35分。

途中ずっと雨降りだったのに、神津島に到着した途端、天候晴れ。

その2日前に横浜を出航して、三宅島に行ってきたヨット「ヴァンデスト」の仲間、
ラッコを含め男性6人と合流しました。

(三宅島までのクルージングは、悪天候で、相当揺れたそうです。)


kozukou.jpg



港の目の前にある岡田旅館別館に泊まった私達。

夕食後、島の花火大会が岸壁で始まりました。

kozu hanabi.jpg

終わったかと思うと、パ〜ンと打ちあげられる、あの素朴な花火大会。

でも島の人たちは全然見に来ていなくて、沖合に客船「飛鳥」がこれを見物。

飛鳥のための花火大会みたいで可笑しかった。

もしかしたら、日本郵船出資の花火大会???




台風9号の影響か、夜中にうねりがひどくなり、男性陣は寝ずにヨットを監視。

結局、私もほとんど寝られず。



3日。

朝、岸壁にこすリつけられたロープの1本がちぎれていて、波の強さに脱帽。

買ったばかりの、あんなに太い丈夫なロープなのに・・・。

自然の威力にはかないません。


kouzusima.jpg

海が荒れるかもしれないと、朝5時半に出航。神津島を後にしました。




大島に近づくにつれて、とても良い天気になり、海も穏やかに。ホッ。

watasi.jpg


入港で〜す。

osima iri.jpg

osima iri02.jpg



大島の岡田港で、東京からジェットホイールでやってきたN嬢と合流。

大島では旅館「赤門」に宿泊。温泉を堪能。

さらに、大島では顔の利くSさんのお陰で、“豪華海の幸”にありつきました!

yushoku.jpg



伊豆諸島の中でも、大島まで来ていれば、海はそれほど荒れないとのこと。

今回は、ベテランヨットマンのMさんが司令官。
Mさんはとても慎重派だし、クルーも2人連れてきて下さったので、
安心して、この命託せました!(笑)

koukai.jpg


神津島以降は、晴れ女の威力を発揮して、良いお天気に恵まれていたのに、

東京湾に入ってから、時々スコールのような雨が。

海上にいると、ある区域だけ雨の降っているのが見えて、面白いです。

それに、潮流によっても、波の表情がどんどん変わるのです。

海は美しく、恐ろしく、神秘的で、懐が深いです。



takabe.jpg

最後に、この写真は、大島で分けて頂いた「たかべ」というお魚。

とても可愛い顔をしているでしょう?

見た目も味も小アジに似ていて、グー!。

塩焼きにしたり、軽く片栗粉をふってオリーブオイルで焼いて食べました。


posted by ピロコ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

2010、夏の海へGO!

yotch.jpg

1年ぶりぐらいの操船です。

なんだかすっかり要領を忘れてしまった・・・トホホ。

仲間がいると、私は乗っているだけだしね。

でも、ラッコと2人だけの時、いざという時オロオロしてしまっては・・・
そう思うと、このままではアカン!



7時半にハーバーに到着。
色々準備していたら、出航は8時半になっちゃた。

いざ、千葉の保田漁港へ!
ここで、美味しいお刺身を食べるんだ!!

やや風は強いものの、快晴、夏空が広がっている。

海上に出れば、天然のクーラーのような風が吹きわたり、暑いときはヨットに限ります。〜♪


ヨットに乗るようになって良かったのは、
大海原にいると、些細な事はよしとしよう!と思えること。

大自然の中のちっぽけな人間、でも一生懸命生きている人間。
生きているということが大切、そんな風に素直に思えることです。


機走したので、約2時間半で保田に到着。
まずはビールで乾杯!

hota.jpg

watasi.jpg


昼食は、港の目の前にある「ばんや」に、初めて入ってみることにしました。

ここはかなり有名なお店らしく、お盆の頃は人でグチャグチャに混みあいます。
今日も、結構な賑わいです。
なんでも、お風呂にも入れるし、泊まりもできる処だそうです。

banya.jpg banya2.jpg

広い駐車場、広い敷地、広い店内。
メニューも豊富。
とても庶民的なお店で、皆、定食にビール、食べたらサッサと帰る、
といったパターンです。

私は「朝獲れ鮨」なるものを、ラッコは「いくら丼」を。
それに、お刺身盛り合わせと、勿論ビールも!

susi.jpg ikuradon.jpg

感想。
鯵と金目鯛のお刺身は美味しかったです。
一切れが分厚く、ボリューム感はあります。
・・・でも・・・・・・そのぐらいかな・・・ちょっとガッカリ。

ザックリ、モリモリ食べる方にはいいかも。

でも待てよ、私達、美味しい頼み方を知らなかったのかも・・・???



帰りに、敷地内でお店開きしていた八百屋さんで、ジャンボ生シイタケと、しし唐と
千葉産梨を買って帰りました。

帰路は帆を張ってみたものの、追い風で時間がかかってしまうから、結局途中からはエンジンで。

まったく私達、ヨットマンではありませんね。


それでも、夏の海を満喫した一日でした。

hotaumi.jpg


posted by ピロコ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

恒例、夏の肉体労働

toso2.jpg

今年は本当にヨットに乗っていない。

なのに、またまた夏がやってきました。

恒例、1年に1度の船底塗装をするため、ラッコに連れられ、朝早くからマリーナへ。

ヨットを陸揚げしてもらい、船底に貝がつかないないように、塗料を塗らなければならないのです。


ジェット噴射機で、水を掛け、よく洗う。
塗装のはげた箇所は、バフで少し削る。
部分塗装する。
マスキングテープを貼り、塗装がはみ出さないようにする。
船底全体を塗装する。

ま、大雑把にいえば、こんな工程です。

ヨットを動かしていない割には、いつも貝がほとんど付いていないので、助かります。


でもね、洗船の時って、力使うのよね。
塗装も、汚れる、汚れる! つなぎ着ていても、顔までペンキが飛んじゃう。
体力勝負だわあ!


で、周りを見回せば、作業場に女性は私一人。

つまり奥さんが駆り出されるケースは、非常に稀って事です。
でもラッコは、そんな事は念頭に無し。
いつだって、手伝うのが当たり前と思っています(笑)。

でも・・・ま、いいか。
結婚相手とか、付き合う相手によって、自分一人では決して体験しない事を
やる羽目になるってこと、よくありますよね。

でも、そのチャンスを楽しめばいい。
自分の世界が広がると思えば、トクした気分。


汗だくになったあと、
3メートル位高く揚げられたヨットの上で飲む水の美味しいこと!

格別に心地よい海風が吹いていましたよ!


toso1.jpg


さあて、明日は、私の作った学期末試験を、生徒が受ける日。
私はその監督です。
その後は、私が受け持つ7クラスの生徒の成績を、急いでつけなければなりません。
なんだか、ドキドキ。
これもまた、よい経験です。




posted by ピロコ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

夏の名残りのセイリング 

hota0.jpg

台風一過の9月2日。
ラッコが、しばらく当分はヨットに乗る時間が取れそうも無いので、
2人きりで千葉県保田漁港まで、クルージングに出掛けました。

hota1.jpg

hota 2.jpg



保田漁港の目の前にある、飯処「ばんや」は有名で、夏の週末はごった返しですが、
私達がたまに使うお食事処は、割烹「山田や」。
大勢で行った時、お座敷が使えて、ゆっくり出来るからです。

でも今回は、初めてのお店で食事しました。

桟橋で出会った青年から、港からすぐ右手にあるお店を教えて貰ったからです。
(あれ?!お店の名前を忘れた!)

道の駅目の前、地場の野菜やおみやげ物も、隣で売っている処です。

hota 3.jpg

hota 4.jpg


お奨めは、「海鮮あられ丼」。

各種お刺身がブツ切れでゴロゴロ!
ご飯がなかなか姿を現さない!
ボリューム満点で1300円です。

ところで、ところで・・・。
ラッコが1本ビールを飲んだところで、壁のメニューに「ひれ酒」と
書かれてあるのを発見。

「ひれ酒くださ〜い!」と言うと、

「昼間はありません。それは夜のメニューです」と、ピシャリと断られた。(クククッ)

さらに、おつまみを頼もうとしたら、

「それも夜のメニューです。昼のメニューは定食だけです。」とまたまたピシャリ。
ラッコ、しょんぼり。


 次に、水槽に張り付いている沢山のアワビを見て、
「これ、いくらぐらいで食べられるんですか?」と、私。

ご主人が「中ぐらいので、2千7〜800円です。」

よっしゃ、では折角だから奮発しようと、
「では、これ1つ戴けませんか?」というと、

「これは夜しか出しません!」

ヒェ〜・・・
料理人がいて、目の前に食材が豊富にあって、それを食べたいお客さんがいるのに、
そりゃあんまりじゃありませんか?!


ま、とにもかくにも、海鮮あられ丼は美味しかったです。


波も無く、風は無さ過ぎたため、セイルを張っても全然走らない。

仕方なく、機走だけのセイリングだったのはチョット残念でしたが、
夏の良い締めくくりが出来ました。

hota 5.jpg
posted by ピロコ at 11:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

海と空の青さ

セミのボイス・シャワー・・・

関東は、ここ数日、初めて夏らしい晴れ間が続きました。


お盆休みはとれましたか?
どのようにお過ごしになりましたか?


私は、本当は、ヨットで熱海〜新島・式根島〜大島巡りのクルーズを行う
予定だったのですが、諸事情により、参加を取りやめました。

でも、横浜から熱海まで、ヨットを運ぶのは手伝いました。

fune.jpg

hesaki.jpg

sora.jpg

kouseki.jpg


海はクルクルと、その表情を変えます。

観音崎から穏やかな青い海原かと思えば、熱海到着1時間前からは、
風が強くなって、三角波が立ち始め、海がうねり始め、熱海到着時は、
また急に凪いで・・・。

自然の前では、人間は本当に無力ですね。
謙虚に、いかに付き合っていくか、です。


客船「飛鳥」に乗船して仕事をしていた1年間、南太平洋上で、様々な海の表情、
空の表情を眺めることが出来ました。

ヨットに乗り始めてから、東京湾は、より私に近い存在になりました。

海と空のいくつかの風景は、私の心の中に、額縁付きで飾られています。



今日は終戦記念日。


以前、取材で訪れた広島県・江田島から見た海の美しさも、私にとっては
忘れられません。

江田島といえば、旧海軍兵学校があったところで、現在は、海上自衛隊第一術科学校に
なっています。
その敷地に建つ教育参考館も、見学させてもらいました。
海軍関係の資料の中に、若い命を散らせた特攻隊員達の遺書や遺品なども
見ることができます。

広島市平和記念資料館と共に、こちらも是非見て頂きたいです。

呉港からフェリーに乗り、平和な瀬戸内海の島々を眺めながら、
かつて、彼らはどんな思いで、青い海を、空を、見つめたのだろうと思うと、
胸が痛くなりました。

posted by ピロコ at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

横浜の風に吹かれながら

enter.JPG
 
やっと、観たいと思っていた「海のエジプト展」へ行ってきました。

横浜開港150周年記念イベントとして、パシフィコ横浜で、9月23日まで開催中です。


地中海に沈んだ、エジプトで栄華を極めた3都市。

聖なる癒しの地、カノープス。
世界への玄関口、交易の中心地だったヘラクレイオン。
クレオパトラの愛した都、アレクサンドリア。

紀元後746年1月18日の地震と津波が、3都市の沈没を決定付けたとか。

沈没したゆえに、現在まで形を留めた石の文化が、今、私達の目の前にある!

ファラオの石像など、圧倒的な大きさ、迫力です!
海底で対面し、陸へ引き上げた時の感動は、さぞかし!!
想像するだけで、ワクワクしました。


私が特に気に入ったのは、プトレマイオス12世のスフィンクスの石像。
あの、絶世の美女と云われるクレオパトラのお父さんです。

ejiputo01.jpg
(朝日新聞より)
 
              

ejiputo02.jpg
(絵がはきより)


なんて可愛らしいお顔なんでしょう!!
クレオパトラがもしお父さん似だったのなら・・・。
私の中で、今までクールビューティ−だったクレオパトラのイメージは、
大分変わってきます。
昔、エリザベス・テーラーが映画の中でクレオパトラ役を演じていたけれど、
結構似ていたりして!(笑)。


pukari.JPG

会場を後にしてから少し歩いて、ぷかりさん橋へ。
ここから、シーバスに乗って、赤レンガ倉庫経由で山下公園まで行きました。

seabus.JPG

asuka.JPG

baybridge.JPG


大桟橋に停泊する飛鳥Uの横を通り過ぎ、横浜ベイブリッジを遠くに眺めながらの、
ショートクルーズ。

山下公園に置かれている氷川丸の横に到着。

横浜の風を感じたいなら、このシーバスはお手頃でお奨めですよ。
横浜駅行きもあります。



posted by ピロコ at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

海上の雨

mycruise00.jpg

私の今夏のイベントは、クルージングだけになりそうです。

昨日はその1回目。

何しろ、ここ数日のお天気ときたら・・・・!

曇天と、急の雨と、たまの晴れ間・・・その繰り返し。

昨日もその予報にめげず、波と風が穏やかなので、久しぶりの友人達とのクルーズです。

8時集合。
まずは軽い朝食、スパークリングワインで乾杯!
8時半過ぎ、いざ出航。
風が真南なので、往きはずっとエンジンで走り続け、目指すは三崎漁港です。


mycruise01.jpg

アレレ!
降り出しちゃいました!
じゃんじゃん降り出して、周りの景色がまったく見えない!
ナビだけが頼りです。

今回は、プロの助っ人クルーNさんに来て頂いたので、本当に心強い!

それをいいことに、ラッコがキャビンでスヤスヤねているではないか!・・・ッタク!!!
代わりに、友人のM君がクルーよろしくラットを握り、Nさんのアシストをしてくれている
・・・アリガトウ。


波また波の海上に、大粒の雨がガンガン降ると、波の上がボコボコの水玉になります。
当たり前かもしれないけれど、この景色を眺めるのは、ちょっと貴重な体験でした。

海上での空の青さ、夏雲、吹き渡る風、虹・・・
そんな夏の風物詩を、皆に味わってもらえなかったのは残念だったけど、
雨のクルーズも、また思い出に残ることでしょう。

mycruise02.jpg
この橋をくぐると、三崎はもうすぐ。
mycruise03.jpg


出航から3時間ほどで、三崎漁港へ入港。

すると、そのときになって、急に空が明るくなりました。

mycruise044.jpg

マグロ料理を食べて、しゃべって、ワア大変!もう2時近い!帰らなきゃ!!


少し帆走したものの、帰路を急いでいたこともあって、またもエンジンで。

あの帆走中の、風と波の音だけを、もっと皆に聴かせたかったけれど、仕方ない。

それに、帰路はほとんどのメンバーが眠りこけ、
やはり、NさんとM君だけが、頑張って舵をとってくれたのでした。

感謝!!


posted by ピロコ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

ヨットの上の鯉のぼり

koinobori 001.jpg

ヨットのメンテナンスをしに、ラッコと、雨の中マリーナへ。

敷地内のアウトレットモールは、若者で大賑わい。

でも、誰かのヨットの上の鯉のぼりは寂しそう・・・・。

雨の中、海風の中、一生懸命泳いでいました。
posted by ピロコ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

進水式

G.W.後半、5連休に突入。
如何お過ごしですか?

久しぶりにヨットの話題です。
といっても、最近、私は全然ヨットに乗っていません。(泣)

先月、熱海に係留している知人のヨットの進水式が行われ、
私は、進水式後のパーティーの司会を頼まれました。

そのときの写真が届いたので、ちょっとだけご報告しますね。

sinsuisiki2.jpg


スパ・マリーナ・熱海は、ビーチのすぐ横、親水公園の前にあるハーバーです。

朝早くから沢山の友人知人が集まり、ヨット「タートル号」にシャンペンがかけられ、
皆で乾杯。

法螺貝を鳴らし、海の神様に、ハワイの歌で祈祷。
海の安全を祈りました。


sinsuisiki.jpg

ついでに私は、嫁入りした元我が家のヨット「ヴァンデスト号T」に、
久しぶりのご対面。
嫁入り後、今は熱海に係留されているのです。



 さて、本日の主役「タートル号」は近場を一周。
その後は、マリーナの目の前のレストラン「なぎさ」で、ランチパーティーです。

ここからは、私は司会進行役です。

sinsuisiki3.jpg

50人ほどの人々が、飲んで食べ、スピーチをし、歌手の宮前ユキさん等のライブあり、
大いに盛り上がったパーティーでした。

「タートル号」のオーナーの奥様が数日後お誕生日なのを知っていたので、
私はひそかにバースデイケーキを用意。
そして、宮前さんたちと打ち合わせしておいて、突然、
“Happy Birthday To You〜♪”

sinsuisiki4.jpg

この写真は、ケーキのローソクの火を吹き消そうとしたら、
海風が先に火を消そうとしたので、慌てているところです。


潮の香りと海風の心地よさ・・・

ヨットを愛する人々との、とても楽しい一日でした。

posted by ピロコ at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

思い出の場所

yamashita.park01.jpg

yamashita.park00.jpg

今日は、打ち合わせのため横浜元町へ。

その帰り、お天気がよかったので、ぶらぶら山下公園まで足を延ばししました。


う〜ん、久しぶりの山下公園!

月曜日だというのに、結構観光客がいるのですね。
外国人の姿もかなりあり。



このあたりは、15年程前に客船「飛鳥」に乗船して仕事をしていた1年間、
横浜港で乗船・下船する度に、歩いていた場所です。

 私は湘南で生まれ育ったので、国内のどの港より、入港のときに嬉しかったのを
思い出します。
港の景色自体も美しいのだけれど、やっぱり“地元”に帰ってきた!
という安堵感・・・・かな。



「飛鳥」での仕事を終え、再びおしゃべりの仕事に戻ってから担当したのが、
TV神奈川の仕事。
局舎は、山下公園の目と鼻の先です。


10年ほど前から横浜に住むようになり、ヨットに乗るようになって、
このあたりはハーバーへ行くときの、車の通り道になりました。
中華街では、よく食事もします。


そして元町は、今も時々仕事で訪れる場所。



なんだかんだと、縁があるなあ・・・・。


山下公園前のイチョウ並木も、もう少しすると金色に輝き、本当に美しくなりますよ!
posted by ピロコ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

伊豆大島へ

ooshima01.jpg

ooshima02.jpg


ooshima03.jpg


花火大会の翌朝6時半、8人でヨットに乗り、伊豆大島へ出航。

快晴。
風がなく、しかも真正面から風が吹いている真登り状態。
セイリングが出来ず、ほとんどエンジンで走りました。

熱海から出ているジェット船で行けば約45分。
ヨットで行くと、4〜5時間。

プロの先生の指導を受け、途中からほとんど私の操船となりました。
教え方の上手な方が隣に付いていてくれると、なんて心強いのでしょう!


360度、青い海、 海、 海!!!



実は伊豆大島は、一緒に乗船したSさんが、子供時代を過ごした島。
Sさんのお父様は、ここでしばらく歯科医院を開業し、大先生と慕われていた方で、
先日91歳で他界されたのです。

着岸前に散骨をし、ご冥福をお祈りしました。

お父さん、帰って来ましたよ〜!

その夜は、Sさんの小学校時代の同級生達が、40数年ぶりに同窓会を開いてくれるとのこと。

今回の大島行きは、なんといってもSさんのためのイベント、といってもいいかもしれません。


大島はよかったって?
・・・・私、滞在時間がわずかだったから、わからない・・・。


一同この日は1泊くする中、私だけは仕事&諸用のため、大島に着いた途端、トンボ帰り。
一人寂しく、ジェット船で帰っちゃったのです、とほほ。


後日談。
なんでも夜は、伊勢エビやらアワビやらの食べ放題だったとか!
この晩は夏祭りで、縁日でにぎわったとか!
とにかく楽しかったとか!!
ウ、ウラメシ・・・じゃなかった、ウラヤマシイ!
 

 
posted by ピロコ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱海のマリーナから、「たまや〜!!」

atami00.jpg

只今、北京オリンピック真只中!

その華麗なる開会式を見ることなく、その時私は仲間10名と、熱海スパマリーナに停泊したヨットの上。

熱海は現在年間21回も、花火大会が開催されています。

開催場所は、マリーナのすぐ前。
つまり、ヨットの上は、特等席。
目の前で、花火が打ち上げられるのです。

atami 01.jpg  atami 02.jpg


 atami 03.jpg
  
atami034.jpg
  
atami04.jpg 


 いやあ、すごかった!
何が凄いって、ドン、ドン、という音が、山にこだまして返ってくるから、
背後でも花火大会が行われているような、ドルビーサウンド状態。

しかも、前方左右両方から打ち上げられるわ、新手の花火もドンドン上がるわ、
熱海の花火大会は、前夜見た「神宮外苑花火大会」より、ずっと見ごたえがありました。


 船上花火見物は仲間内から大好評につき、来年も企画しなくっちゃ♪

posted by ピロコ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

GW最終日、海へ

5.6cruise.ko-chiya.jpg

関東地方は、GW中の五月晴れが、結局6日だけでしたね。


私もラッコも、仕事柄連休は関係なし。
でも、最終日6日は2人ともオフだったので、ヨットに乗りました 〜♪

冬の間全然クルージングしなかったので、ナントナント半年振り!



8時にハーバーに到着。
でも強風注意報が出ていて、平均風速8〜9m、最大11mとのこと。

私達は、遊びで海に出てゆくのですから、ヨットに乗る時の原則は、“ATM(明るく・楽しく・無理をしない)”です。

だから、残念でもクルーズは取り止め。
持参したフルーツとコーヒーでのんびり朝食をとり、さてこの後どうしよう・・・・?

 アレレ?!

注意報を表す黄色いフラッグがスルスルと下がった!


ハーバーのスタッフに聞いたら、風が凪いで、波も思ったより穏やかとのこと。

すでに11時になってしまったけれど、目標をうんと近場に変え、マリンポート・コーチヤへ

出発進行〜〜〜!


5.6cruise 02.jpg
猿島を望む

5.6cruise 3.jpg
浦賀水道の入り口にある観音崎灯台

5.6cruise 04.jpg
ベラシスが見えてきた!目的のレストラン・マリンポート・コーチヤは
この右手


5.6cruise 5.jpg
<仕掛け網の漁場には、鳥達がいっぱい!

5.6cruise 06.jpg
出航から2時間、目的地到着
posted by ピロコ at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。