2010年12月28日

カウントダウンが始まりました

omotesando2010.jpg
90歳の表参道、イルミネーションは1月3日までだそうですよ


昨晩は、今年最後の忘年会でした。


朗読ぐるーぷ・もあるのメンバーが、10月の公演以来、初めて全員揃いました。

(女優の塚本千代さんは、25日が舞台千秋楽で、26日朝まで飲んでいたとのこと。
若いなあ!!)


さて、早く帰る人もいるからと、5時に集合、お開きは10時半近く。

同じ店で、5時間も飲みかつ話していたんだあ!

朗読公演のこと、朗読とは、舞台とは・・・話は尽きません。

このテーマで、伊藤先生を交え話している時、とても幸福感を覚えます。

よい仲間です。

楽しかった!!

来年も朗読、頑張ろう! と心から思います。




今日は暖かいので、窓拭き日です。

お節料理用材料とお正月飾りの買い出しは、ほぼ済みました。

しか〜〜し!・・・・・年賀状がまだ出来ていないよう!!(泣)

ここ数日、目の調子が悪く、夜パソコンを触らないようにしていました。

30日から寒くなるそうだし、31日の夜は出かけるかもしれないので、
年賀状より大掃除諸々を優先して、年賀状の元旦到着はとっくに放棄している私です。

(いつも、元旦に年賀状を送って下さる方々、申し訳ありません。)

残り少ない2010年。

皆さま、よいお年をネ!!

posted by ピロコ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

クリスマス・イブに

grass.jpg    risshou hanataba.jpg


メリークリスマス!

私は、昨日の横浜青葉区のイベントの仕事をもって、司会の仕事は終わり。

あとは、本日の打ち合わせと、明日のセミナーと、忘年会2本です。



「来年の開催は、今年と同じく12月22日ですから、もう手帳に書いておいて
くださいね。」
「多分来年もまた23日です、どうぞよろしく!」と立て続けに言われ、

年に1回のお付き合いが又来年も続くのだなと思うと、嬉しい限りです。



来年も12月22日、と言われたのが、東京立正中学高等学校吹奏楽団の定期演奏会。

今年48回目を迎え、来年49回目で、私は丸十年のお付き合いになるわけです。

TV・ラジオで、俳優、キャスターやパーソナリティとして活躍された高山栄さんが
亡くなられ、その後釜として司会をお引き受けしてから、
そんな歳月が経ったのですね・・・。



吹奏楽団の顧問であり指導者である稲尾先生は、今年で着任25周年。

友の会のご父兄から、このたび、先生の写真入り特製グラス(上の写真)を贈呈され、
私まで戴きました。


稲尾先生は、藝大仲間のプロの方達に指導のお手伝いを頼み、ダンスでも、歌でも、
振付でも、必ずプロの指導を仰ぎます。

そして毎年、プロのソリストをお招きし、共演して頂くのです。


今回は、クラリネット奏者の木村健夫さんをお迎えし、素晴らしい音色を聴かせて頂きました。

インタビューしていて、会話に出たのは、「音色は、やはり呼吸法が大切ですよね」
ということ。

これは、どの楽器でもしゃべりでも共通ですよね。

プロの司会者を使って、高校3年生最後のステージを締めくくる、というのも、
稲尾先生のこだわりです。



生徒も、学業の傍ら、365日ほとんど練習に明け暮れ、必ずコンクールでは東京地区代表に
選ばれています。

卒業生たちは、当日、団員と同じくらいの人数が駆けつけ、裏方としてせっせとお手伝いを
します。


若いパワーと、大人の情熱と温かいまなざしの中、今年も無事大成功のステージでした!
パチパチパチ!!



 さて、今日は、夕方打ち合わせから帰ったら、クリスマスイブの夕食の支度です。

我が家にはチト大き過ぎるチキンを丸焼き、魚介類のカルパッチョ、温野菜サラダ、
ミネストローネ・・・を作るつもりです。


では、皆さまも、素敵なクリスマスを!!


posted by ピロコ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

ヨコハマの夜景

12月17日(金)。

年内の講師の仕事は、前日をもって終了。〜♪

そこで、2人だけの「一眼レフで写真を撮る会 第2弾・夜景を撮る」を開催。



2時に、ラッコと横浜中華街で待ち合わせ。

まずは遅い昼食をと、『重慶茶房』で飲茶をたらふく食べました。
(雰囲気は余りないけれど、ここは気軽に少量ずつ四川料理が食べられるので、お薦めです。)

そして、少しずつ暗くなり始めた山下公園へレッツゴー!

このあたりの夜景は奇麗でっせ!



hotel.jpg
ニューグランドホテルは、古き良き横浜の面影を留めています



hikawamaru.jpg
山下公園のシンボル 氷川丸



yakei1.jpg


tower01.jpg  toer02.jpg

マリンタワーは今の時期、赤、青、紫、緑・・・と変化します



mari-n shatoru.jpg
マリーンシャトルに乗船し、40分の横浜港クルーズ。
でも、動いている船の上からの景色は、光がぶれてボヤボヤ!上手に撮れませんでした(泣)




yakei2.jpg
ならばと、客船ターミナルのある横浜港大桟橋へ移動。
ここの景色は穴場スポットですぞ。


客船ターミナル内にあるレストラン『subzero』で、夜景を眺めながらのお食事も
よさそうですよ。
(実は予約を取りたかったのですが、この日は貸切りだったのです。残念!)


yakei3.jpg


撮影後は、野毛のお蕎麦屋さんで、渋く一杯。
そのあと、関内にあるライブハウス『Bar Bar Bar』へ。

ジャズピアニスト今田勝さんが出演されていて、感激でした!




posted by ピロコ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

私という商品

sakasu.12.02.jpg



「送ったナレーション原稿を読んで、パソコンから送って下さい」
という仕事の依頼が来たけれど、

・・・ムムム、パソコンからの送り方がわからない。

期日まで時間がない!。

仕方なく、司会の仕事が終わってから、あたふたと、
日曜日だというのに、スタッフが待つ依頼先のプロダクションへ。
そこで直接録音した。

そしたら、「今のトーン、とても良かった」と、褒めて下さった。

以前送ったヴォイスサンプルは、1つ1つのナレーションが30秒〜1分あって、
長かったそうな。

聴くのが面倒くさくなるのだそうな。



低音の落ち着いた声のサンプル15秒パターンを、欲しいと言われた。

「15秒ですよ。それ以上長くても短くてもいけません」とのこと。

クライアントに出しやすいのだそうだ。



フーン・・・

このプロダクションは、明るい高めの声が好きなのだな、と勝手に
思っていたけれど、こちらのアプローチがいけなかったのか。


自分のプレゼンテーションは、私にとっていつだって難しい。



sakasu.12.jpg


帰りに、赤坂サカスを通ったら、お、アイススケートリンクが出来てる!

暖冬の中、クリスマスのイルミネーションを眺めつつ、皆気持ちよさそうに
滑っていた。

いいな・・。



帰宅してから、アイススケート・グランプリファイナルのエキシビションを
テレビで観た。

アイススケート大好き。

昔一時期、一生懸命滑っていた、ということもあるけれど、
アイススケートの試合って、メンタル面がもろに出るのが面白い。


今回はメダルは逃した高橋大輔選手の演技は、やっぱり好き。

浅田真央さんの演技も、なにかとても心打つ。
低迷期を乗り越え、また元気に滑ってくれるのを、楽しみに待ちたい。



心に響く演技って、何だろう。
心に響く朗読って、何だろう。


技術があって初めて成り立つものだけれど。
そして、そのことを意識しない境地の時にしか、成し得ないものだけれど。

アイススケートを見ながら、いつもそのことを考えてしまう。


これから、おしゃべりの仕事において、それから朗読において、
レベルアップを図るには、もっともっと時間をかけて、丁寧に
取り組まなければいけない。

若い時は数多くこなすのも大切だけれど、今からは、違ったアプローチが
必要だ。


そのことを、来年の1つの目標にしたい、とあらためて思う。


posted by ピロコ at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

12月のささやかなる幸せ

ginnan.jpg

「大きなイチョウの大木の下を歩いていたら、銀杏の実がバラバラ落ちてきたの。
痛かったわ!」
沢山集めたからと、過日知人から分けて頂いた銀杏。

茶碗蒸しにしたり、焼いてそのままお酒のつまみにしたり。

冷蔵庫の中にまだまだたくさんある銀杏を使って、
今晩は、ギンナンご飯にしました。
ごろごろいっぱい入れて、美味しかった〜〜!
アイ ラブ ギンナン なのです。



11月末から、街は早くもクリスマスのイルミネーション輝き、
それはそれでウキウキしますが、


ザザ〜ッと舞い散る落ち葉のシャワー

空がカラ〜ンと高く澄みきった中、キョッと鳴く鳥の声が
いやにハッキリ響き渡り

急きたてるように早く沈む夕陽が、涙が出るほど鮮やかなオレンジで・・・


そんな晩秋から冬に移りゆく自然が、イルミネーションにかき消されてしまわないようにと、

注意深くキョロキョロキョロ・・・。




なんだかね、ささやかなことに幸せだな〜、と思えるのです。

幸せのレベルが低くなったみたい、私。

健康で、すっくと一人で立っていられることに、素直に感謝できるようになりました。

人間は年齢を重ねてゆくと、小さな事に喜びを見いだせるようになるのかもしれない。

ならば、歳をとるのも悪くないな、と思います。



先日「庭で育てているの」と言って、別の知人から戴いたローリエの葉。
この間タコの柔らかい茹で方を知ったから、クリスマスはタコを入れたトマト煮を作ってみよう。
勿論ローリエの葉も使ってね。

「豚の角煮は、梅酒とお酢を入れて煮ると、トロトロになるのよ。」
これは先日の忘年会の席で、懐石料理を食べながら仕入れた知恵。
オ〜、今年漬けた梅酒が使えるではないか。
よし、今年はおせち料理の一品に、豚の角煮も加えてみよう。


そんなことを考えるのが楽しい、幸せな12月。
 

posted by ピロコ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

久しぶりのレンタルDVD

consert.jpg


今年はいつもより慌ただしく、毎月のカレンダーをめくっていたような気がします。

あと1枚。
12月なんですねえ。



今日は、一日家に居て、借りておいたDVDを観ました。

映画『オーケストラ』。

数々のクラシック音楽が流れる映画です。

私は、チャイコフスキーやプロコフィエなど、ロシアの作曲家の協奏曲が好き。

絶対映画館で観ようと思っていたのに・・・

この夏、渋谷BUNKAMURAル・シネマで上映されていた期間、
近くに仕事で行っていたのに、ウソみたいに上映時間と私のスケジュールが合わなかったのです。

やっと観られました〜〜!
大スクリーンで観たかったけどねえ・・・。


《 ものがたり 》
かつてロシアの名門ボリショイ劇場オーケストラの天才指揮者と云われていた
中年の劇場清掃員(=アレクセイ・グシュコブ)は、パリのシャトレ劇場からの出演依頼の
FAXを見て、奇想天外なことを思いつく。
そして、昔の楽団仲間を集めて、楽団員になり済まし、海外公演をやってのけてしまう。



前半は、コメディタッチのコミカルなストーリー展開。

でもその根底には、けっして権力に屈しない人間賛歌が流れています。


旧ソ連のブレジネフ政権下にあったボリショイ交響楽団でユダヤ人排斥事件があったとき、
彼らを擁護したロシア人も解雇されたのだ。

彼らの30年間忘れることのできなかった音楽への情熱と誇りは、パリの夜、実を結ぶ。
            (脚本・監督=ラデュ・ミヘイルアニュ)



キーパーソンとなるパリで今をときめく若きヴァイオリニスト(=メラニー・ロラン)が、
とても清楚で美しい。

ラスト15分は、彼女の出生の謎、過去の回想、未来の展開を、オーケストラの奏でる
「チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35」の演奏の中で一気に描き出し、
圧巻です!



小作品ですが、とても心温かくなる映画です。

クラシック好きの方なら特におすすめ。
チャイコフスキー、モーツアルト、ロッシーニ、シューマン・・・・
クラシック音楽の名曲のオンパレードです。

お正月休みにでも、よかったらご覧下さいね。


posted by ピロコ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

色づく秋2010

2か月ぶりに、ラッコと休みが合いました。〜♪

そこで、2人だけの」『一眼レフで写真を撮ろう会』を開催することに。

一度行ってみたかった、立川にある国立昭和記念公園へレッツゴー!


entrance01.jpg


望遠レンズを忘れた、だの、三脚忘れた、だの
いい加減なことこの上なしの2人ではありますが・・・紅葉、きれいだった〜〜〜〜〜!!!


モデルが少々目障りかもしれませんが、一緒に紅葉を楽しんで下さいね。

icho02.jpg

icho03.jpg

icho04.jpg


momiji05.jpg

momiji06.jpg

momiji07.jpg



teien08.jpg


ha09.jpg


ha10.jpg


tome.jpg


last12.jpg
FIN
posted by ピロコ at 01:14| Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

最後のクリスマス

akasaka.prins.h.01.jpg

akasaka.prins.h.02.jpg


永田町へ行ったので、赤坂プリンスホテルのイルミネーションを見に寄りました。

赤坂プリンスホテル新館のこのビルも、来年3月末でサヨウナラ。
取り壊すそうですね。

最後のクリスマス・イルミネーションです。



今まであちこちのホテルで、司会の仕事をしています。

赤プリも、そのお向かいに建つホテル・ニューオータニも、

どちらも今は亡き、私のお世話になった方々を思い出す場所です。



ホテルは想い出を作る場所。

人繋がりの想い出は、いつまでも鮮やかに記憶に残ります。


posted by ピロコ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

昔の仕事仲間と

考えてみると、昨晩は昔繋がりの人とばかり会った。



まずは、八丁堀で年2回集う、フジTVの仲間との10人会。

この会は、プロ野球開幕前に会い、セ・パ両リーグの優勝チーム&最下位チーム、
そして日本シリーズ優勝チームの予想を立てる。

日本シリーズ終了後に2回目の会が開かれ、予想の当たった人には、ご褒美が
与えられる。

昨年は、5つの予想が全て当たったメンバーがいた。
今年は当たりの確立が低くて、ナント、パ・リーグ最下位と日本シリーズ優勝を
当てた私が、トップだった!

ご褒美を少し頂戴する。

「日本シリーズでロッテ優勝なんて、誰も思わないよ」と言われた。

・・・正直言って、私も予想していなかった。

でも、応援するなら、阪神ファンを見習って、あくまで最後まで信じないとね。
このメンバーの中には、阪神ファンが多く、皆いちず・・・)

というわけで、千葉ロッテマリーンズ優勝のお陰で、思いがけず私まで得しちゃった。

連日すごい試合を見せてくれたし、おまけにこんなプレゼントまであって、
ウフ、感謝ですゥ!




さて、早めにそこを失礼して向かった先は、有楽町よみうりホール。

全日空寄席公開録音が行われていて、今回トリをとるのは桂三枝師匠。

三枝師匠とは、大昔、朝日放送『三枝の国盗りゲーム』で、私はクイズ出題者として、
6年間お隣りに座って、お仕事をご一緒させて頂いた。

それ以来、お目にかかる機会はなかったので、終演後、ご挨拶をさせて頂くことに
なっていたのだ。

三枝師匠の高座になんとか間に合った。

創作落語に大いに笑わせて頂く。
ほんとうに、筋立てが上手いなあ!!!

主催者の社長(こちらも永年のお付き合い)に連れられて、楽屋へ。

ジャ〜ン、20数年ぶりのご対面。

取材にいらした方や、ご挨拶にいらした方々が、し〜んと周りで見守る中、

「覚えていらっしゃいますか?国盗りでお世話になったコウノです・・・」

「あ〜、どこかで会うた顔やと思ったわ。」
とかとか、慌ただしいご挨拶。

名刺交換して、お見送りしたら・・・ヤダ! 差し入れのお土産を渡していなかった、
お前はアホか!・・・慌てて後を追いかける。

あ〜、なんだか緊張しちゃった。

でも、想像以上に、TVで拝見する以上に、変わっていらっしゃらなかった。

結構スリムで、体系維持をされているのは、さすがプロです。




人生続けていれば、再会のチャンスはいくらでもある。
迷わずどんどん前に進んでいこう。

帰路につく途中、なぜか、そんなことを思った。


posted by ピロコ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

今日は野球デー

aki2010.jpg


本日の早慶戦は10対5で、早稲田が優勝! 
斉藤祐樹投手が活躍しましたね。

日本シリーズ第4戦は、ヒャ〜、長かった!
延長11回、11時過ぎまでの熱戦の末、4対3で、う〜〜〜ん、中日勝利。
また5分5分です。



そんな11月3日。

素晴らしい秋晴れの中、私は、ホテルで結婚披露宴の司会を努めました。

この新郎新婦が、また大の野球好き。
新婦は、千葉ロッテマリーンズの大大ファンなのです。

同じ高校の野球部部員と女マネージャーが、卒業後、母校の応援に行ったことから
お付き合いが始まり、めでたくゴールイン。

新郎は某スポーツ新聞社に勤務。
新婦は、(財)野球体育博物館に勤務。

hakubutukan.jpg
     ↑
“野球体育博物館”て、ご存じですか?
H.P.はこちら http://www.baseball-museum.or.jp/index.html

東京ドームの中にあるんですって。
私は何度も東京ドームには足を運んでいるのに、その存在は知らなかったなあ。

1959年に開館。プロ野球の歴史が、ここで一堂に見られるそうです。

3Dシアターでは、憧れの選手たちのバッティングやピッチングが、立体映像のすごい迫力で
観られるそうです。


11月は、ロッテと中日がらみで、過去の日本シリーズ特集が組まれているとのこと。

1974年のオリオンズvs中日戦(4勝2敗でオリオンズ優勝)
2005年のロッテvs阪神戦(4連勝でロッテが優勝)
2007年の日ハムvs中日戦(4勝1敗で中日が優勝)

こんな歴史を、もう一度振り返ってみては?


というわけで、まだ行ってもいない私が、エラそうに宣伝しております(笑)

新婦は、ここで、受付やお土産品の販売をしています。
爽やかな笑顔の女の子が応対していたら、多分彼女です。



披露宴の中では、シングルの男性向けに、ボールトスがありました。

そのボールは、もちろん野球体育博物館でしか買えない、プロ野球公認球でした。


posted by ピロコ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

専門学校でハロウィン

harowin01.jpg


「講師の皆様、是非ハロウィンの仮装をなさって下さい」

と言われてもねえ。

通常授業を行うわけだし、マナーの授業もあるし・・・

てなわけで、今日の留学生ばかりの専門学校での服装は、通常のスーツスタイルより
少しカジュアルに。

ウサギの耳と尻尾をつけて、かる〜く演出。

魔女だったり、着ぐるみ姿だったりと、常勤講師の皆様は毎年の行事とあって、
かなり力が入っていましたが、これで許されて〜〜。


harowin02.jpg
「発声&アクセント」の授業を、一緒に担当している佐藤先生と。
ネコとウサギ、お互いに尻尾が可愛いのよ〜。
後姿を撮るの忘れた。


harowin003 copy.jpg
「マナー」の授業のクラスで、担任のS先生も一緒に。
女の子達は、なぜか皆カメラマンになってしまい、カメラに入ってきたのは男子ばかり。
中国人ばかりですが、目パチのイケメンが沢山います。



現在、日中の間がゴタゴタしています。

中国人の生徒たちがどう思っているのか、聞いたことはありません。

日本にいても、情報は専ら中国のインターネット情報でしょうし、
アルバイトが忙しくて、深く考えるヒマのない子も多いでしょう。

でも、いずれ将来の中国を担う若者たちです。

日本での楽しい思い出を沢山持ち帰ってほしい。
少しは日本の文化を、日本人をわかってほしい。
日本とうまくやっていこう、日本人と仲良くやっていこう、と思ってほしい。

わずかでもそのお手伝いが出来るのなら、遅々として改善しないマナーに怒りながらも、
講師を務める意味があるというものです。

授業中、すぐ寝るし、すぐしゃべりだすし・・・まったく・・・

でも、テストを受けている時の真剣な姿を見ていると・・・結構カワイイ奴等です。


posted by ピロコ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

母校の大学スタジオで録音しました

夕暮れ時。
久しぶりに西武線江古田駅に降り立ちました。

ちっぽけな駅が、すっかり奇麗に新しくなっていました。

昔の面影を残す狭い駅前通りを少し歩くと、突然目の前が開け・・・



front.jpg


オ、オ〜〜〜、ナント広々とした敷地に、奇麗な建物が建っているではありませんか!!

日本大学芸術学部。

私はウン十年前に、放送学科を卒業したのです。

もっとも、7年ぐらい前にキャンパスに来たことはあったのですが、その時はアチコチ工事中でした。

すっかり新しい校舎になった、わが母校。

芸術学部らしく、のっけからアートとしている建物です。


bijyutu1.jpg
このガラス張りの建物の中はこんな感じ。

bijyutu2.jpg
美術学科の作品が展示できるスペースもあります。



chuhole.jpg
中ホール。
別に、もっと大きな多目的ホールもあるとか。


shokudo.jpg
カフェ・テリア。
(私たちの時代は、きたない大食堂だった。
お金が無い時は、ゴムみたいな100円ラーメンを食べたっけ。隔世の感あり。)


tv.studio.jpg
TVスタジオでは、ドラマ制作の実習中でした。



ところで、何しに行ったかって?

そうそう。

私がパフォーマンス学を師事している佐藤綾子先生は、日本大学芸術学部大学院の教授。

佐藤教授が長年研究された、顔の表情の読み取りに関するDVDを制作することになったのです。
(日本大学医学部でも、教材に使うそうです。)

今回は、そのナレーション録音を、放送学科のスタジオを借りて行ったというわけです。

recording1.jpg


昔のままのスタジオで録音したら、もっと懐かしかったと思います。

「スタジオは地下です」と言われれば、ドヒャ〜〜、地下ですか?!

「化粧室はそちら。自動で電気がつきます」と言われりゃ、スゴ〜〜イ!

感嘆の声ばかり挙げておりました。



すっかり高級感あふれる大学へと変貌した我が母校。
でも、懐かしい先生方は、変わらずいらっしゃるようです。

先輩・後輩・先生方とは、本当に仲の良かったことを思い出すと、
なんだか、大学生時代がついこの間のような気がしてくるのでした。


posted by ピロコ at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

日々是忙日

史上初!
リーグ戦では3位だった千葉ロッテマリーンズが、大逆転!!
ソフトバンクを破って、クライマックスシリーズ制覇! 日本シリーズへ進出!

今日は夕方帰宅し、試合開始から全部TV観戦できました。

西岡選手の涙、福岡の観客への敬礼、お立ち台での西村監督のコメント、
なんだかジ〜ンと来てしまった。
オメデトウゴザイマス!!

それとともに、正直言ってソフトバンクの選手がなんだか可哀そうで、
胸がクッと締め付けられるようでした。


もしももしも、セ・リーグは巨人が日本シリーズ進出になったら、
3位同士の戦いかぁ。
で、勝ったほうは日本一って・・・う〜〜ん、日本一ってナニ???

ま、CS戦でこれだけ盛り上がっているプロ野球界。
素直に、日本シリーズも楽しめばいいのでしょう。
勢いとチームワーク抜群の西村ロッテ。さて?!



さてさて、
12日に朗読公演が無事終わったのに、感謝のご報告もせず、
失礼しております。

お陰様で昼の部は、満員御礼なのに、さらに当日券を買おうと
大勢のお客様が詰めかけ、
急きょ補助席を用意してスタッフの方々が対応してくれました。
本当に皆さま、感謝・感謝です。

夜の部も9割がた埋まり、連休明けのお忙し中、やはり大勢のお客様が
お見えになりました。

写真が手に入りましたら、あらためてご報告しますね。





一週間が怒涛のごとく過ぎてゆきました。

昨日は、再就職を希望する方たちを対象とした、一日研修の講師を、
10時〜17時まで務めました。

そのレジュメを前もって作成するに当たり、パソコンを新しくしたら、
肝心のところでなぜかロックがかかり、四苦八苦。
明け方まで作業して、3時間寝て仕事場へ・・・
なんて日もあったっけ。

あるプレゼンテーションがうまくいかず、へこんだり。
かつて「大阪の母」と慕っていた方の急逝の知らせに、ショックを受けたり・・・。

本当に色々なことがあった1週間でした。




まだまだイベント続きの日々です。

そして、どうもうまく使いこなしていないパソコンで、
只今、専門学校用小テストを作成中。

もっとパソコンを使いこなせるように、時間があったら習いたいなあ・・・!


posted by ピロコ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

お墓参り

higanbana01.jpg

護国寺駅の近くにある、録音スタジオへ行った帰り。

目と鼻の先へ来たのだからと、護国寺へお墓参りに寄りました。

護国寺には、我が家(夫側)のお墓があるのです。

結婚前にすでに他界していたので、お目にかかった事のないラッコの父親も
眠っています。

gokokuji01.jpg


階段を上がり、緑に囲まれた不老門をくぐる。
本堂の裏に、墓地があります。


gokokuji03.jpg

gokokuji02.jpg


都会のど真ん中なのに、敷地内は本当に静かです。



(義)父は、一代で商売を始め、会社を大きくし、かなり羽振りよく
暮らしていたようですが、オイルショックの影響で結局倒産。

その後、割烹料理屋を経営して、何人も板前さんを雇っていたものの、
高い食材ばかり仕入れ、採算が合わずにこちらも閉店。

晩年は、ヒマだとお酒ばかり飲んでいるので、息子であるラッコが経営する店の
お手伝いをお願いしていたとか。

ある晩、2人でお酒を酌み交わし、息子に「お前なら一人でやっていけるよ」
と言い置き、翌朝突然倒れ、急逝。
享年64歳だったそうです。


息子は、父親の生き方や仕事のやり方を反面教師にしているところも
あるようですが、
嫁としては、豪放磊落な性格のお父さんに、一度お会いしてみたかったな、
と思います。



それにしても・・・
ラッコは商売人の家の子。私は典型的なサラリーマン家庭の子。
子ども時代の過ごし方が全然違います。

バッサリ分ければ、うちは地味で堅実。あちらは派手にワイワイ。

全く環境の違う家庭に育った2人が出会い、なんとなくウマが合い結婚へ。

違和感もなく夫婦として暮らしてゆけるって、考えてみると不思議なご縁ですねえ。

posted by ピロコ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

仲間たちと

hiromori.jpg

私のブログにフォトデビューしてもよい、と皆が言ってくれたので、
写真載せちゃいます。


昨日は、午前中は仕事の打ち合わせ。
午後は、パフォーマンス学のセミナーのティーチングアシスタントをしながら、
集団精神療法の1つであるPsychodramaを学びました。


夜は、パフォーマンス学を共に学んだ仲間で、カナダから帰国した廣森君を囲む会に参加。

考えてみると、こういう飲み会の席に参加したのは、約一か月ぶりです。

母の体調がずっとすぐれず、プライベートの約束のドタキャンが続いたので、
それに懲りて、人との遊びの約束は全部断ってきたのです。

もっとも、期することあり、10月23日まで禁酒をしている私。

皆がビールで乾杯しているのをグッとこらえて、炭酸水を飲んでました。

でもね、飲まないでいると、それはそれで済むものですねえ。



ところで、廣森君とは、2年前の学会大会ワークショップで、「江戸しぐさ考」の
寸劇をしました。

hiromori2.jpg

その時の多助(たすけ)さんと明優女(あやめ)さん役の、懐かしい写真です。



廣森君は、20代最後の年を、オーストラリアのバースで働きながら
過ごすそうです。
そしてそのあとは、アジア、アフリカへ行きたいとのこと。

いいなあ! ヨ!自由人!!

自分の五感で、激動している世界の今を直に感じる機会が作れるのは、
人生の中で限られた期間かもしれません。

最近、日本の若者は、内向き志向。海外に出たがらないんですってね。

だからこそ、志を持っている廣森君に、心からのエールを送ります。

次のレポートを聴くのを、楽しみにしているね。


posted by ピロコ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

十五夜お月さん

rindo.jpg


jyugoya.jpg

昼間の暑さがウソのように、

夜は冴え冴えと、十五夜お月さまが浮かんでいましたね。

夜中になったら、姿を隠してしまいましたが。



昨晩は、知人の病気の悪化を知らせる電話が入ってきたりして、
感情が波立っていたのですが、

ベランダから月を眺めていたら、心がシーンと落ち着きました。


少し、真夜中の作業が頑張れそうです。



posted by ピロコ at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

日の出を眺めながら


hinode 002.jpg


毎日、猛烈に忙しく過ごしていて・・・
でもここだけは母のために空けようと思っていた、敬老の日。

熱海で1泊しました。


大浴場は、足の弱った母にとって、つかまるところが少なくて苦手。
だから貸切の家族風呂に入り、大海原を2人で湯船から眺めました。


翌朝、5時半の日の出。
部屋から、2人で眺めました。


こういう時間を沢山作ってあげればよいのでしょうが、
いつもバタバタしていてゴメン・・・。


これでも精一杯気にかけながら暮らしているのよ。
でも・・・
私、欲張りだからね。
やりたいことが沢山あるの。

もっと上手にやりくりできればいいんだけどね・・・。



ともかくも、この2日間だけは母も楽し気で、平和でした(笑)。

私も母のお陰で、命の洗濯が出来ました。



posted by ピロコ at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

初島で刺身三昧!

kanban.jpg


私の夏休みウィークは終わり。
先週末から、忙しく動き出しています。

今夏の思い出として、19〜20日にかけて出かけた、熱海クルーズのご報告を。


7人のメンバーで、横浜ベイサイドマリーナを出港し、まずは初島へ。
(初島は、熱海からでもフェリーで30分ほどで行かれるリゾートアイランドです。)
ここで昼食。

夕方、熱海スパ・マリーナに到着。
熱海で、私の友人夫妻が合流。
その他、Mさんの奥様も合流。

グルメでメタボな(笑)Sさんが熱海に持つリゾートマンションに、総勢10名で押しかけ、
お手製スープとお寿司をご馳走になる。

夜8時前にマリーナに戻って、ヨットの上から熱海海上花火大会を見物。

その後、皆解散し、私達夫婦と友人夫妻の4人で、ヨットに泊まり、翌朝ヨットで帰る。

以上、なかなか充実したスケジュールでした!




中でも途中寄港した初島が良かったので、ご紹介します。

niijima.jpg

marina.jpg

ferry port.jpg

mise.jpg

ヨットでたびたび訪れるという、SさんおMさんのご推薦のお店が、「白扇」
美味しい上に、ママが美人だとのこと。


funamori.jpg

船盛り〜〜〜!!!
イナダも、アジも、サザエもコリコリ!ウマイ!

awabi.jpg


15p以上あるアワビは、4千円。
肝もヒモも皆美味しく、ウ〜〜ン、食べ応え有り!


その他、カサゴの唐揚げ、サザエの壺焼き、イカのミソ和え、アシタバのかき揚げ
どれも満足じゃ〜〜♪


熱海へ行かれる機会があったら、初島まで足を延ばしてみては如何でしょう?





熱海海上花火は、小規模ながら、とても迫力があります。
山にこだまするせいで、ドルビーサウンドに聞こえる音も迫力倍増です。

残念なことに、花火大会が始まる直前に、私はSさんのマンションにカメラを忘れてしまったことに、
気づき、花火の撮影が出来なかった。
トホホ



島、海水浴場、花火・・・日本の夏らしさを満喫した2日間でした。

さあ、これからはお仕事モードに切り替えます。


posted by ピロコ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

温泉で裸のお付き合い

spa.jpg

沖縄旅行最終日の3日目。

ホテルをチェックアウトして向かった先は、すぐ近くに見つけたアロマ温泉です。

8月16日は、沖縄では「七夕」なんだそうです。
この日は、お墓参りの日。
来週の旧暦のお盆を迎えるため、お墓をお掃除するのだそうです。

そのせいか、スパは比較的すいていて、なんだかすっかりのんびりしてしまいました。

塩サウナに入って、前身塩もみ。
沖縄は豚肉や牛肉が安くて美味しく、つい食べすぎちゃったから、これで少しやせないかなあ・・・。

お次は、普通のサウナ。

サウナに入った途端、
「ねぇ、昨日の興南の試合、観てた?」と質問が。

「イエ・・・あのう、私観光客なんです。」

以前、沖縄に仕事で来た時、タクシーの運転手さんから、
「お客さんはどう見ても、沖縄の人間に見えるねぇ」
と言われたことを思い出しました。

血は、南方系なのかなァ・・・・?

胸もお尻もたっぷりもっちりのオバサマに挟まれて、サウナで一緒に高校野球試合中継を
観ている図を、想像してみて・・・イエ、想像しちゃダメよ。

お陰で女同士裸のお付き合い、色々なお話ができました。



軍用機の飛行コースの下の地域は、建物の高さ制限があって、3階建てまでしか建てられない事。

驚くほどの低空飛行で、一日に何回もあるその騒音のすごいこと。

かつては、基地のアメリカ人が街中で沢山遊んでいて、活気があったこと。

前鳩山総理の発言で、沖縄は何かが変わると、一瞬期待していたこと。

「ナンクルナイサ」の意味は、“誠実に一生懸命生きていれば、何とかなるさ。
だから前向きに生きなさいよ”ということ、etc.



さて、最後の仕上げは、私の人生3度目のアカスリです。

ゴシゴシ洗って下さったオバサマとも楽しくお話して、お肌もツルツル!

楽しい2時間余りの温泉タイムでした!
(サウナ大好きなラッコの方が先に出て、待ち合わせ時刻をオーバーした私を待っていた!
ゴメン!!)




国際通りで、レンタカーを返すと、そのあとはお土産買い物タイム。

下の写真は、前夜出かけた際に写した、ネオン輝く国際通りです。
土産ショップがズラリと並んでいます。

kokusaidori.jpg


ichiba1.jpg

そして大急ぎで市場を見学。

ichiba2.jpg


ichiba3.jpg

トリトロトン肉のパックを買いました。




そしてそして、大急ぎで沖縄料理店で早めの夕食。
オリオンビールや泡盛を飲んで、赤い顔して、空港に向かったのでした。


沖縄、楽しかった!!


hana.jpg



posted by ピロコ at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄本島ビーチめぐり

旅行2日目、8月15日、終戦記念日。

宿泊場所の宜野湾は、「はごろも祭り」のまっさい中。
連日花火が上がり、海浜公園やコンベンションセンターでは、イベントが
行われていましたが、
街中では、特に終戦記念日らしい雰囲気はありませんでした。

でもね、車で走っていると、横には必ず基地の敷地が続き、
本島中央〜南部の半分は基地、といった印象を受けます。



さて、今日は海めぐり。



marina.jpg

朝食後、ホテルの目の前にある宜野湾港マリーナへ、ブラブラ散歩に。
アツイ! 帽子持ってくればよかった・・・!

yogiwan1.jpg

宜野湾トロピカルビーチ。家庭的な雰囲気のビーチです。

yogiwan2.jpg

ビーチわきには、こんな景色が広がっていました。





kariyusi1.jpg

kariyusi2.jpg

かりゆしビーチ。
ウ〜〜ン、ま夏気分!!




hokujyo.jpg

北上するにつれて、海の色がエメラルドグリーンに変わっていきます。




sesoko1.jpg

瀬底大橋を渡ると・・・



sesoko2.jpg

橋の下は、本当は遊泳禁止なのに、泳ぐ人、ジェットスキーをする人、
地元の若者の遊泳スポットになっていました。



sesoko3.jpg

おや?! 立派な丸太で組んだログハウスが。


sesoko4.jpg

ベランダにいらした持ち主のKさんに声をおかけたら、
「上がってきて、ここから景色を見たら如何ですか?」と言って頂き、
しばしお話をしました。

Kさんは、奥様と全国をキャンピングカーで回って旅行された際、
ここ瀬底島の景色が気に入って、2年間キャンピングカーでの生活をされたのちに、
本格的に移住なさったとのこと。

「2冬も暖かい所で過ごすと、もう北国には戻れません」ですって。
ご高齢のお母様も呼び寄せたそうです。


沖縄に移住される方って、結構いらっしゃいますよねえ。


                                     旅行記はまだつづきます


posted by ピロコ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。