2014年01月02日

2014年が始まりました!

osechi2014.blog.jpg

明けましておめでとうございます!

すっかりご無沙汰しておりました。
2014年を迎え、気持ちも新たに、ボチボチと更新して参ります。
よろしくおつき合いくださいませ。


心ばかりのお手製お節料理を囲んで、我が家のお正月が始まりました。
出掛けたのは、近所の神社ぐらいでした。

今年は、暮に戴いた花と、購入したお正月花を合わせて、
色々花を生けてみました。
羽根飾りを使って遊んでみたら、アレ、かなりカラフルに!

shogatsubana.blog.jpg


shogatsubana03.blog.jpg


shogatsubana-2.bog.jpg



今年の私のテーマの1つは、「FUN」
楽しい事、面白い事を、日々の生活の中で見つけ、
皆様にも届けたいと思っています。

笑う門には福来る。
『明るいニュースは、自分で作ろう!』






posted by ピロコ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

母と私の第2章

rihabiri01.jpg

母が、自宅の廊下で転倒し、腰椎圧迫骨折で病院に運び込まれてから、
約2カ月が経ちました。

別に公表するようなお話でもないのですが、この度転院をすませ、
ちょっと一息ついたところで、日記代わりに記させていただきます。
長くなるかも・・・(笑)

90歳過ぎた年寄りが、また歩けるようになるのか?!

でも、その前に、別の心配が襲ってきました。

入院3週間を過ぎたころから、急激に認知症の初期症状が表れ始めたのです。
自分でもわかるらしく「だんだん私はボケてきちゃった、色々な事がわからない」
と不安がります。
毎朝、「必ず来て!早く来て!」と、看護師さんに頼んで催促の電話。
(こんなこと、今までの母からは考えられません!)
食事も「まずい、まずい」と言って食べなくなりました。
カテーテルを外しても、残尿の影響で、時々急に体調が悪くなります。

一番驚いたことは、平仮名までも書けなくなったことです。
2〜3年前まで書道教授をしていたのに! 
これには母自身もショックを受けていました。


転院を考え、リハビリ病院と、老人介護福祉施設と、両方の見学巡り。
この際、多くの方々のご助言や手助けを受け、本当に本当に感謝しています。

色々見学してみて、感じたことが1つあります。
当たり前のことですが、結局、自分の目で見て判断するしかないと云う事。
それぞれ、患者の性格も健康状態も、目指すゴールも違うのですから、
行きつくところは、母のことを一番知っている私が、決めるしかないのです。
それだって、正解はわかりません。
ベッド数が限られているから、縁があるかないか、ということもあります。
そして最終的には、本人と病院(施設)との相性です。

また、整形外科の転院受け入れは、病院の経営的理由から、あまり積極的ではないようです。
これだけ高齢者の骨折が増えている中、その受け入れ態勢は実態に追い付いていないのが、
現状のようです。


急に、個室が空いたからと連絡を頂けたことはラッキーでした。
そして転院したのが、新横浜リハビリテーション病院です。(上の写真は運動広場)

約5年前にできた新しい病院で、開放的な雰囲気。
スタッフの皆さんは若く、とても親切です。
主治医の先生も、「もう一度カテーテルを外す努力をしてみましょう」
と、おっしゃってくださいました。

驚いたことに、転院してから、母の表情が全然違ってきました。
穏やかで、にこやかな表情をしています。
リハビリの時も、体操やゲームをしているときも、楽しそうです。
「玄関前の4段の階段を、私は自分の足で絶対上ってみせる」と言っています。
リハビリに励む母の姿は、けっこう感動モノです。

そして、
ナント、字が書けるようになってきたのです。
七夕の短冊にも、「歩けるようにがんばります 和子」と、筆ペンで書いていました。


最近、人生の諸先輩から、私は色々アドバイスを受けました。
「仕事は続けなさいね。なんとかなるものよ。」
「自分の人生も大切に」
「加齢による忘却は幸せなことなの。受け入れてあげなさい」
「介護は貴方の人生を深くしますよ」
こんな言葉を、今あらためてかみしめています。

誰もが通ってきた、あるいはこれから通る道ですものね。

退院後の自宅のリフォームや、ヘルパーさんの問題など、これからもまだまだ
色々あると思いますが、
「必ず、良い方向に向かっていく」と、今は漠然と信じています。

お読みになった方、長文拙文におつき合いいただき、ありがとうございました。


rihabiri03.jpg

前の病院で、入院中のおばあさまに教わった折り紙です。
正方形にカレンダー等を切り、三角形に折ったものを重ねて、
組み合わせるのです。
可愛いでしょ?!


posted by ピロコ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

2年目の3月11日に

sumon-kiji.jpg

今日の朝日新聞朝刊に、上記の記事『島を救った津波叙事詩』があった。

22万人の死者・行方不明者・・・
2004年に起こったスマトラ沖地震に伴う大津波の時、
犠牲者はたった1人だった小島が、インドネシアのシムル島である。

島民を救ったのは、津波の教訓を盛り込んで歌い継がれた叙事詩だという。

独唱と合唱が交互に繰り返され、延々と続く、伝統的な4行詩。

歌詞の中に、東日本大震災のことも、29番目に加わった。

  住むところがない
  寝場所を探す
  アチェで2004年
  日本で2011年



子守歌や昔話、叙事詩といった形で教訓を残し、それが人々の日常に
浸透し、親しまれていることがいかに大切なことか。
印象深い記事である。


そして、私のできることは、そうやって残ったものを、語ることによって紡ぎ、
リレーのバトンを渡す。
そんなことではないだろうか・・・・?
私は私のやり方で・・・。


重松 清さんの著書『希望の地図』より。

 「被災地」とはいったいどういう土地を言うんだろうな。
2011年3月11日という日付は、いまの時点で振り返ると、すでに過去だ。
ならば「被災地」とは、「過去に震災で甚大な被害を受けた土地」という意味で
いいのだろうか?
(中略)

今日も「被災」している。明日も、このままだときっと「被災」しているだろう。
あさっても、悔しいけれど、おそらく・・・・・。
人々の悲しみや苦しみは、あの日からずっと、途切れることなくつづいている。
「被災」とは、過去の出来事を語る言葉ではなく、いまの状態を示す言葉なのだ。

だからこそ、あらためて思う。
僕はこれからも、機会さえ与えられれば、「被災地」のレポートをつづけるだろう。
2012年の「被災」の様子を伝えることで、まだ終わってないんだぞ、
東日本大震災を歴史年表の一項目に収めるのはまだ早いんだぞ、
と訴えつづけるだろう。


*重松清さんは、フリーライター「田村 章」としても、ルポルタージュなどの
執筆活動を行っていらっしゃいます。 





posted by ピロコ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

へんり 未来さんのこと

友人のミュージシャン=へんり未来さんから、ベストアルバムが2枚届きました。
COUNTERSHOCK BEST 1.2.

counter-shock.jpg

へんりさんのことを簡単にご紹介しますと・・・

渡米しプロのジャズギタリストとして活躍中に、肝炎・腎炎を発症し帰国。
その体験から看護師となり、医療・福祉の問題をテーマに音楽によるジャーナリズムを展開。
“メディカル流し”として、病院や施設でのコンサート活動も行っています。
ヘンリーミラーが好きだから、そこから芸名を付けたとのこと。


YOU TUBEを付けておきますので、ちょっとお聴きください。
これは笑えて、メタボの方は身につまされる歌かも?!

 


へんりさんとは、昔『イヌワシになった青年』というタイトルで、
一緒にライブを行ったことがあります。

若くして亡くなった池田拓くんに捧げたへんりさんのCDを聞き、是非にと思ったのです。
お父様のお書きになった本をもとに、へんりさんの演奏と一緒に、朗読させていただきました。
山形にご一緒した時の取材は、鳥海山の登山までできて、大変貴重な体験でした。


そして、もう1つ、私にとって忘れられないへんりさんの言葉があります。

当時私は、病気の家族のために一生懸命やっているつもりだったのに、
「いちいち出しゃばらないで!」と本人から言われ、大ショック!
憤慨して、しばらく顔を合わせる気も起きなくて、でも気になって・・・
モヤモヤしていたのです。

そのことを、へんりさんに漏らしたら・・・
へんりさんは一言。
「出しゃばりでも、お節介でもいいじゃないですか。続ければいいんです。」

それを聞いて、なんだか涙が出そうになりました。
(ああ、こういうお仕事の方は、患者さんに何を言われても、変わらず見守り、
お世話をしているのだな)
そう思いました。

私は結局、患者の気持ちより、感謝されたい、自分がいい子でいたい、
無意識にそんな気持ちが働いていたのかもしれないと、そう悟ったのです。

私はへんりさんに、とても感謝しています。

とても応援したい方です。



posted by ピロコ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

『のぼうの城』を観て

nobou.jpg


お正月明け早々、友人知人の訃報が次々と3人も!
ちょっと元気のない私です。

そんな中、元気が出る映画『のぼうの城』を観ました。


豊臣秀吉が天下統一を図かろうとしている時代。
石田三成率いる2万人の軍勢に、500人で立ち向かった“でくのぼう”がいた。
武州(現在の埼玉県行田市)忍城の城主・成田長親。
日頃はダメダメでも、そのなんとも人間臭い魅力で、領民から「のぼう様」と
慕われた男。

主人公を演じるのが、野村萬斎さん。
キャラクター作りもぶっ飛んでいましたが、船の上での田楽踊りはお見事!!
佐藤浩市さんも、名わき役としてカッコ良かった!馬術も上手!。

ほとんどの映画館でロードショウ公開は11日までだったようですが、まだ上映
している館もあるようです。
機会があれば是非!


ところで、オフィシャルサイトに連載された、プロデューサー久保田氏の
「のぼうの城ができるまで」の文章が良かったので、一部抜粋しますね。


のぼう達の生き様は、あまりにも潔い。

彼らは、僕ら現代人のように、全てを欲しがったりしません。
我々は知らず知らずに、過剰な欲望の中で日々を過ごしているのだと思います。
何かを諦めることを知らず、1から10までを欲しがる。
それに対しのぼう達には、欲しい物、大切なものの優先順位が明確にあります。

彼らにとって最も重要なのは、おそらく「誇り」なのでしょう。
そして「仲間」
それを守るためには、自分の財産や命までもが、二の次のものになってしまう。
その判断は、あきれるくらい明確です。

そして、執着や嘆きと無縁。
自分達が大切だと思うことに全力を尽くすが、尽くした限りは、
その結果がどうあれ、それをあっさりと受け入れます。
戦国時代における「死」と、現代におけるそれのあり方は
全く違っていたはずです。
「死」は圧倒的に身近にあった。
それが、のぼう達の潔さに繋がっているのでしょう。

( 省略 )

欲張らない人間は、潔い。
そして潔い人間達の姿はとても清々しい。
清々しさは、我々現代人が失ってしまった特質なのだと思います。


posted by ピロコ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

お正月気分を味わいに

daishi01.jpg

1月2日。
お誕生日の義母のお祝い&ご挨拶の後、お正月気分を味わいに川崎大師へ。

元旦に、地元神社で初詣は済ませてあるので、初詣ではないな〜。

夕方到着したけれど、まだまだ凄い人の列。

daishi03.jpg

daishi05.jpg


お正月にこうやって交通整理をしている皆様、本当にご苦労様です!
この看板をクルリと回すと、裏側には
「進んでくださ〜〜い!」と書かれてある。
“さ〜〜い!”と伸ばして書いてるのも、看板クルリの仕草も、なんとなくユーモラス。


daishi04.jpg


daishi02.jpg

川崎大師の仲見世通りが好きなのは、何と言っても、飴屋さんから聞こえてくる、
まな板の上でトントンと飴を切る音。
トントントントン、ストトントン!
景気づけに(客寄せに?)、切っていなくてもまな板を叩いている。
川崎大師ならではの音です。

咳止めのど飴と、それから、これは絶対欠かせません、昔から我が家の大好物
「住吉の久寿餅」を買って帰りました。
 






posted by ピロコ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

気持ちの拠り所は

kodachi.JPG


衆議院選挙が終わり、町は静けさと共に、暮の気配が漂ってきました。
韓国では、初の女性大統領が誕生するようですね。


大学の授業も残すところあと一日。
専門学校の年内授業は終了。
年内のナレーション撮り終了。
朗読講座も、昨日で終了。
「良いお年を!」の挨拶を交わす機会が増えてきています。

とは言え、暮のイベントの司会と打ち合わせ、リハーサルと
ヤマ場はまだまだ続きますが。


最近頻繫に連絡を取り合っているのは、来年秋の公演やイベントの数々。
少なくとも、来年12月まで、私は健康でいなければ迷惑をかけるんだ・・・!
なんて、
いつも先々の予定が入っているお陰で、気を張っていられるのですね。

そして、年々弱りつつある母のお世話(あまりしていないけれど・・・汗)と
病気の姉のヘルプと・・・
そんな家族がいるお陰で、これもまた、私がいなくっちゃ!と思わせてくれるし、
健康で自分の好きなことができる幸福を自覚させてもらっているのですよね。
(あ、いけない!、ヤンチャな夫を抜かした・・・!、ゴメン!)


だんだん歳を重ねると、自分の事は祈らなくなります。
自分の事は、覚悟を決めて、前に進めば、あとはケセラセラです。

私にはどうしようもできない、自分以外の人のために、
心をこめて祈ろうと思います。
少しでも幸せでありますように・・・。


いつも優しい気持ちでいられるわけではないけれど、
こんな殺伐とした世の中にあって、心の平安を保ちながら
残り少ない今年を、しっかりと締めたいと思っています。




posted by ピロコ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

悩みますねえ・・・

icho.jpg

今日は12月8日。
72年前に、真珠湾攻撃が行われた日です。

太宰治の短編小説『十二月八日』は、こんな書き出しから始まっています。

「きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう。
昭和十六年の十二月八日には日本のまずしい家庭の主婦は、どんな一日を送ったか、
ちょっと書いて置きましょう。・・・」



さて、選挙運動真っ盛り。

友人知人に、政党の違う議員関係者が何人かいて、それぞれ応援したいのですが、
各人を応援するのと、政党を応援するのとでは違ってきて、難しいです。
消費税問題、TTP問題、原発問題・・・。
主張が入り乱れているので、こちらが曖昧だと、ますます投票したい政党がわからなくなります。
だって、全部がピッタリくる政党が無いのですもの。

党首としてのリーダーシップと人間性・・・これは実は見えにくい。
外面よく、スピーチに長けた人は、化けられますので(笑)。

常に一貫した主張を持っているか・・・これは大事な視点です。
が、こちらの日々のアンテナの張り方に、関わってくる問題です。
つまり、ふだんから聴いていないと、その区別が急にはできない・・・。


さらに、政策面では改憲についてが、また難しい・・・。

だいぶ前に話題になった本ですが、『憲法九条を世界遺産に』(集英社新書)は
面白かった。
爆笑問題の太田光さんと、中沢新一さんの対談スタイルの本です。

日本の憲法が“平和憲法”と云われる所以は、この第九条の「戦争放棄」が明記された
第九条があればこそ。

第9条

1項
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

2項
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、
認めない


解釈は色々あるようですが、「自衛のための戦力でさえ持てない」のか「自衛のため戦力を持てる」
のか、争点はそこでしょう。

世界に1つしかない希有な存在の日本国憲法。
こんなキナ臭い国際社会になっているからこそ、改憲問題は、私達の基本的な理解と興味を
深めないと、大変なことになります!


政治・経済・法律・・・今、大人は学ばなければならないことが、満載です!

私は投票日までに、何らかの答えが出るのかなあ?!

ともかくも、皆様、よ〜〜〜く考えて、大切な一票を入れましょうね!

posted by ピロコ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

雨の音を聴きながら、懐かしの名画紹介

5doka.jpg


慌ただしい一週間が過ぎて、ホッとひと息。

でも、懐かしい方からの仕事依頼があったり、
ゆっくりお話をしてみたかった方とお茶できたり、
思いがけない場所で再会した方から、興味深いお話を伺えたり・・・
幸福な一週間でもありました。

今日は雨。
気持ちのほぐれた時の雨音は、いいものです。

最近、映画情報番組を担当して以来、懐かしの名画を何本も見直しています。
名画はいいです。
メッセージが深くて、大人で。
それを感じることができる年齢になってから、もう一度見直すと、
こんなに沢山の気づきを得ることができるのだな、
と、歳をとることが嬉しく思えます。



『五つの銅貨』
名コルネット奏者、レッド・ニコルズの半生を描いた伝記映画です。
主演はダニー・ケイ、久しぶりに彼を観ました。
俳優であり、歌手であり、コメディアンであったダニー・ケイって、なんて素晴らしいのでしょう!
本人役で出演しているアーム・ストロングも、なんて味があるのでしょう!!

ダニー・ケイは、1954年からユニセフの親善大使として、亡くなるまで世界各国で
チャリティのステージに立っていたそうです。
親日家で、お忍びで来日しては、福祉施設を回っていたとのこと。
ところがあるとき、マスコミに見つかってしまい、ごまかして言った言葉が
「日本のお寺をじっくり見たかったんですよ」

このダニー・ケイの生き方に感銘を受けたのが坂本九さんで、
その後の福祉活動につながったと云われています。


名画の中にも、それを演じる人の中にも、溢れんばかりの愛があります。



posted by ピロコ at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

夏の終りに、今年も届きました

morokoshi02.jpg


morokoshi01.jpg

夏の終りの戴き物。

イベントなどでお世話になっているT社長が、いつも忍野村産の“こだわりのトウモロコシ”を
送って下さいます。
これが大粒で、甘くて、とても美味しいのです!
今回のは「ゴールドラッシュ」という品種でした。

そして“こだわりの社長”からは、いつも「美味しい召し上がり方」という丁寧な講釈の手紙が
同封されています。

☆届いたら、なるべく早いうちに全て茹でてしまうこと。
☆茹で時間は約5分。塩は入れすぎないこと。
☆皮1枚残して茹でると、風味が閉じ込められて美味しい。
☆その日に食べない分は、熱いままラッピングして、冷凍庫に保存すること。
☆冷凍庫から取り出したら自然解凍。フライパンで、転がしながら「醤油」:「酒」を
 3:1の割合で作ったタレに付け、焦げ目をつけて食べても美味しい。
etc.
とまだまだ続きます。

フムフム、なるほど!

と読みながらも・・・。
我が家は、「茹でずに焼いて!」という家族のリクエスト。
「お醤油とかは、口が汚れるから付けないで!」とのリクエスト。はいはい・・・。

トウモロコシ好きの姉も、「茹でないで生のまま持ってきて!」というリクエストにより、
早速翌日茅ヶ崎まで届けて、喜ばれました。

社長のお勧めレシピ(これも書いてあった)の、シイタケ・玉ねぎとモロコシのかき揚げ天ぷらも、
ニンジンも加えて作りました。
サラダにも、さっと茹でて削ぎ取ったコーンをたっぷり入れました。

ご馳走様でした〜〜〜。

ところで、
T社長主催の、千葉ロッテマリーンズを応援するイベントの司会をつとめるうちに、
選手を知り、監督を知り、千葉ロッテマリーンズを応援するようになった私です。
パ・リーグは熾烈な順位争いを展開していますが、なんとか再浮上してもらいたいなあ。

頑張れ! 西村監督!!

posted by ピロコ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

ご挨拶とお願い

bali hiroko.jpg


残暑お見舞い申し上げます

bali pool brog.jpg

bali seashore brog.jpg

この夏は、ロンドンオリンピックと共に、過ぎていこうとしていますね。

私は先日、4泊6日で、バリ島旅行をして参りました。
バリは湿気が少なく、本当に爽やかでしたよ〜〜。


ところで!

先月起こったウィルストラブルのため、現在パソコンメールが開けない状態のままになっています。
パスワード変更がうまくゆかず、永年使用していたAOLの顧客サービスも不親切なため、
やむなく、PCメールアドレスを変更いたします。

最近、私にPCメールをお送り下さった方が、もしこのブログをご覧になりましたら、
恐れ入りますが、このブログにコメント下さるか、FACEBOOKをなさっている方は、FCより
ご連絡頂けますでしょうか??!
(公開せずに、コメントは拝見できます。)
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

只今こちらから順次ご連絡しておりますが、アドレスがわからなくなった方々もいらっしゃいますので、
ご一報頂けると大変有り難いです。

よろしくお願い申し上げます。



posted by ピロコ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

変わりましたねえ!!!

aozora.jpg

連休3日目。暑〜〜い一日でしたねえ!!
そんな中、代々木公園では、脱原発を訴える集会に17万人が参加したのですね。

私は練馬へ行く用事があり、ついでにと、友人を誘って、日本大学芸術学部へ。
オープンキャンパス実施日だったので、大勢の若者で大賑わいでした。

nichigei.jpg

キャンパスは一新されて、辺りの様子もすっかり様変わり。
立派な校舎、素晴らしいスタジオ、明るいカフェテリア(もう学食とは呼べない)・・・
はるか昔の在校中とここまで違うと、懐かしいという気持ちは起きなかった・・・。

放送学科TV実習の先生をしているY君に会ったら、
「2人とも、なんでここに来てるの?」
「ん〜〜と、うちの子を入れようかと思って。ホッホッホ」(そんな子いないよ〜〜〜。)

ついでに保護者の顔してアンケート用紙に記入し、大学のロゴ入りトートバッグと、
携帯用カップをゲット。
nichigei02.jpg


ここは、アナウンサーになりたくて、でもどうしたらよいかわからなかった一女子高校生が、
両親にも担任の先生にも反対されながら選んだ大学です。

(もっとも今自分が親だったら、薦めるかどうかわからないけどね・・・笑)

今も付き合いの続く友人達に恵まれ、良き先生との出会いもありました。
フリーアナウンサーとして仕事を始めた時、先輩達にも励まされました。

今日の自分があるのは、間違いなくこの大学が初めの一歩になっていると思います。

在校生やこの大学を選ぶ学生達が、後に同じように思ってくれると、いいな。


posted by ピロコ at 02:10| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

友人のライブ

seiko stage.jpg


このところライブづいています。

先日は、かつて所属していた事務所の先輩、志賀正浩さんがプロデュースされているアーティスト
TOKUさんのライブを聴きに、昔の事務所の仲間とブルーノート東京へ。

ここは、20年ぐらい前に、セルデオ・メンデス(懐かしい!)のライブを聴きに行って
以来でした。

TOKUさんは、ボーカリスト&フリューゲルホルン奏者。
高橋真利子さんも、聴きにいらしていました。



そして先日の日曜日の夜は。
大学の同級生で、ジャズシンガーの友人のライブを聴きに、赤坂バードランドへ。

喉の治療をする前のライブとのことで、エールを送りに行ったのです。
MXテレビのハワイアンの番組ゲスト、という形で、番組収録用のライブでした。

彼女は、侑実 聖子さん。
(私達は、学生時代から“セイコ”と呼んでいます。)

彼女のライブを聴くのは初めて。(大学時代はフォーク系だったような・・・。)
明るい性格の彼女らしい、楽しいステージ。
大勢のファンや知人が集まりました。

収録のための着替えに走り回り、沢山の花束を受け取りながら、元気に歌う彼女を観て、
ここまで歌の道で頑張ってきたんだなあ、となんだかとても嬉しくなりました。

「治療後は、もしかすると声が変わっちゃうかも・・・」
とステージで言っていたけど、セイコ、頑張ってネ!


with seiko.jpg

大学の同期で〜す! マリちゃん、セイコ、ピロコ




posted by ピロコ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘルシ−ウメッシュ!

umesu02.jpg


梅雨の合間の晴れ間。
昼間は真夏を感じさせる暑さでしたが、夜は涼しい風が吹いています。

ラッコが家でビールを飲まなくなってから、家からビールの姿が消えました。
暑くなると、チョコッと飲みたくなるのですが・・・

そんな時、私が飲み始めたのがコレ。
ちょっと酸っぱいヘルシーウメッシュ。

umesu01.jpg

毎年、姉宅で実る梅の実を分けてもらって作る梅酒   
  +   
蜜柑果実酢を使用した『ピュアのおいしいお酢』で梅の実を漬けた自家製梅酢
(ピュア宅配サービスセンターからのお取り寄せ TEL:0120−33−8949)
  + 
  炭酸水
  +
凍らせた梅酒の実1つ



梅酢の酸っぱさがとてもまろやかなので、さっぱり系の梅酒になります。


梅酢をメインに、少し梅酒を加えて、心太(ところてん)やくずきりのお汁にも
使ってます。美味しいよ〜♪

今年は杏の実を沢山分けてもらったので、杏酒を作っています。

posted by ピロコ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

江の島に「GARB」7月6日オープン!

最近、友人達の残念なニュースばかり、耳に入ってきます。

一番ショックだったのは、何といっても大学のT先輩の自殺。
アナウンサーとして活躍された“ツカちゃん”。
私の所属していた放送研究会のOBということもあって、よくお話ししたし、
寄席でよくお会いしたものです。(落語通でした。)
昨年、「今度飲もう!」と約束してくださっていたのに・・・。

その他、我が家と夫婦づき合いしていた友人カップルの離婚。

癌治療を続けている友人。

かと思えば先程、ご病気のご主人を抱えた友人からのメールが届き、
実のお母様も新たに引き取って、介護を始めたとのこと。

人生いろいろ。皆色々なものを抱えています。


そんな中、楽しい事も。

6月17日。
久しぶりに片瀬江の島に行きました。

友人のお兄様がオーナーのレストランが7月6日にオープンするにあたり、
そのリハーサルのため、半額で通常営業の形をとったプレオープンに
お付き合いしたのです。

「忌憚のないご意見を!」とのことだったので、茅ヶ崎に住む
料理人の甥っ子を連れていきました。

enoshima.jpg

小田急線片瀬江の島は、私が中学・高校と6年間通った駅です。
今はもう、校舎は移転してしまったのですが。
ホームも駅舎も変わっていない。

enoshima002.jpg
昔赤かった弁天橋は、グッとモダンになっていました。

そしてかつては無かったわき道を通って約3分。海の見える湘南通りへ。

enoshima003.jpg
GARBは、東京駅近くにもあり、ガラス張りのしゃれたお店ですが、
こちらも立地条件良し、カジュアルで湘南ぽくて、なかなか良い雰囲気です。


enoshima004.jpg
テラス席に座りました。
江の島は目の前!


半額だからと安心して、甥っ子と食べまくり飲みまくり、
5時から8時まで食事をしたところで、友人達が到着。
またワインをチビチビ飲みながら喋りまくり、気が付いたら10時!
これから横浜に帰らなきゃあ!

enoshima005.jpg
ここのピザはナポリ風のモチモチピザ。美味い!!

カルパッチョもサラダも炭火焼料理もデザートも、 どれもとても美味しかった〜♪


かなり楽しいひとときでした。
長〜〜〜く付き合わされた甥っ子は迷惑だったかな(???)

*GARB江の島店 http://www.garb-enoshima.com/

posted by ピロコ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

伏見といえば、日本酒だ!

fushimiinari01.jpg

fushimiinari02.jpg

5月24日。
大阪駅からJRで京都駅へ。

京阪本線に乗っていると、「淀」とか 「深草」とか、源氏物語を思い出させる、
いかにも古都らしい駅名が続いて、ええどすなあ・・・。


まずは、全国3万か所以上のお稲荷さんの元締めである、商売の神様『伏見稲荷神社』です。


senboninari.jpg
(バックの上のジャケットが地面についてるよ〜!!)

写真で見たことのある千本鳥居は、思っていたより朱塗りが色あせていましたが、
やはり壮観です!
なんでも江戸時代から奉納が始まったとかで、現在鳥居の数は一万本位になっているとのこと。
鳥居のトンネルを歩き続けると2時間以上かかってしまうので、途中で引き返しました。



ryomadori.jpg

小さなお寺をいくつか回った後訪れたのが、竜馬通り。
坂本竜馬が、寺田屋襲撃事件の後、この通りをつたって逃げた、という噂あり。


teradaya.jpg

こちらは、寺田屋旅館。
中も見学できるようですが、惜しくも、10分前に閉められていました。



kappa.jpg

竜馬通りの路地の脇にあるのが、黄桜のカッパカントリー。

“カッパッパ〜〜♪”と懐かしいCMも見られますし、面白かったのはカッパに関する
展示資料館もあること。
カッパのミイラの写真が展示されていたけれど、ホントかな〜〜〜。



kikizake.jpg

伏見桃山駅近くにある、結構有名な酒屋さん『油長』
19ある京都の酒蔵のお酒を集め、カウンターで利き酒が出来るお店です。

お店のご主人の講釈を拝聴しながら、私が選んだのは、上の写真のお酒。
竹酒、季節限定のにごり酒、土地限定の大吟醸純米酒。
皆、優しい味と香りのお酒でした。

ラッコは別のお酒を頼み、二人で酒のつまみを注文しながら計8種類飲んだ結果、
その中で二人とも気に入ったお酒はコレ。

namazake.JPG 

「源べェさんの生酒」
お土産に買って帰り、さっそく飲みました。やはり美味しいお酒でした。


庶民的なお酒ですが、近くの『鳥せい』さんが、このお酒を
店の看板酒にしているということですから、やはり飲みやすいのでしょう。



pontocho.jpg


京都の夜は、先科町で「京のおばんざい」を戴きました。

京野菜、湯葉、鱧・・・
みな身体に優しい味わいで、日本人だなあ、としみじみ。


二晩、よい気分転換ができたので、また明日から頑張ります。



posted by ピロコ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの大阪です

bus02.jpg

bus01.jpg

5月29日。
仕事を終えてから、大阪に用事のあったラッコと、夕方現地で合流。

わ〜〜い、久しぶりの大阪だ!

会いたい友人も大勢いるけれど、今回は遅ればせながらの結婚記念20周年
(本当は5月23日)のお祝いだから、2人で過ごそうと、誰にも連絡しませんでした。

ホテル日航大阪からのシャトルバス(派手!!)に乗って向かった先は、通天閣。

東京スカイツリー見学はまだ当分先のことになりそうだから、せめても大阪でタワーに
上ろう(笑)。

tutenkaku01.jpg

それが、思っていたよりずっと楽しかったのです。


elevater.jpg  tutenkaku02.jpg

エレベーター内の天井に浮かび上がる『ビリケン』の絵。
展望階には、ビリケンのお人形が置かれている。

biriken.jpg

そして、本物はこちら。

アメリカ生まれの幸運を呼ぶ神様『ビリケン』
大きな足の裏をさわると、運が授かるとのこと。
にんまり笑った顔が、とってもチャーミング!


tutenkaku04.jpg

tutenkaku05.jpg


下の階には、昔の大阪のジオラマや、懐かしい映像が流されていました。
戦前の通天閣の周囲は、オシャレで楽しい一大娯楽パーク「ルナパーク」
だったなんて、これまで全然知りませんでした!


yakiniku.jpg

ディープな夜を過ごそうと、鶴橋で焼肉を軽く食べました。
サンチュならぬゴマの葉を、初めて食べた・・・フム・・・シソの葉になんとなく似ている、
・・・確かにゴマの味がする。

そしてその後は、道頓堀へ。


私のリクエストでネギ焼きを食べ、ダメ押しにもう一軒、飛び込みのお寿司屋さんへ。

さすがに、大食いのラッコも、もうあまり沢山食べられなかったみたい。
バカボンのパパみたいな板さんが握ってくれて、一緒にしゃべっているだけの、
儲からない客で、ゴメンナサイでした。


大阪弁のシャワーを受けると、私はなんだかいつも元気になります。
好っきやねん、大阪!

dotonbori.jpg

翌日の京都編へと、つづく・・・・



posted by ピロコ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

万歩計とレントゲン

manpokei.jpg


万歩計を買いました。
一週間毎日測ってみた結果。

大学や専門学校の講義がある週4日間は、軽く1万歩を超えます。
(特に大学は、エレベータを節電のため止めているので、4階までの階段の
上り下りは、朝からヒイヒイです。)

週末2日間、イベントの司会があったのですが、肉体労働の割には、司会台に
立っている時間が長いので、歩数が稼げず、8500〜9000歩止まりでした。

休日も、車に乗らず、アチコチ移動していると、やはり1万歩をクリア。

私って、結構歩いているじゃない!
(でもハイヒールで歩いていても、健康にはどうなんでしょう???)

多分働いている既婚女性は、案外歩いているのではないかしら。
朝のゴミ出しから始まり、キッチンに立って、仕事帰りに買い物して、帰宅後も
バタバタ動き、階段を上ったり下りたり、食事以外は立ちっぱなし。
夜遅くなって、やっとパソコンの前で自分の時間です。



実はこの2週間、原因不明の腰と首の痛みに苦しめられてきました。
(少しずつ好転しています。)

連休最後の日に久しぶりにスポーツジムでトレーニングしたから、
筋肉痛が出たと笑っていたのですが・・・。

痛みが移動して、10日ほど前から、腰と首の右後部がイタタタタ!
湿布は全く効き目がない。
日中は強い鎮痛剤を飲んで、なんとかごまかし、仕事をしていたのですが、
薬が切れた後は、ぐったりするほど痛くなり、仕方ないから又薬を飲む。
その繰り返し。
周囲から「ヘルニアかもよ」と脅かされ、やっと昨日病院へ行きました。

レントゲンを撮った結果、首にも腰の間接にも異常なし。 ヨカッタ!

整形外科の医師に、こんなことを言われました。
「あなたの首の頸椎は、真っ直ぐなんです。(通常は少し反っているらしい。)
さらに、頸椎の下の胸椎が、通常より下に付いているんです。
そのため肩が落ちて、なで肩に見えますが、疲れや懲りが首にきやすいのです。
肩の筋肉を鍛える運動を日頃からしたほうがよいですよ。」

ヘェ、ヘェ、ヘェ!!

結局、原因不明。しばらく鎮痛剤を飲んで様子見、ということに。

で、ナ〜ンダということになり、ひっさしぶりにお酒を飲んじゃった。

そしたら、アラ、飲んだほうが、翌朝調子がいいじゃない・・・!


この4月から、ず〜〜〜っと気持ちが張り詰めていたのですが、
もう少し緩急つけた生活をしたいナ。


posted by ピロコ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

母の日の続き

este.jpg


昨日の続き。

昨日は「母の日」。

義母には、変わり種のピンクの可愛い紫陽花鉢を送り、お茶を濁しました(笑)
お誕生日と母の日と敬老の日に、何か贈る程度ですましてしまう嫁ですが、
でも何でも喜んでくれるから、嬉しい。

同居の母には、先日スポーツジム内のエステで、割引+エステ券付きサービスをしていた
リフトアップ用エステ商品を。
微弱電流が流れていて、ゲルマニウム効果で活性化されれるから、顔だけではなく
腕や足やお腹に使ってもよい、という物。
もし母が要らないと言ったら、私が使えばいいや、と奮発したのですが・・・・。

食いつきました!(笑)
「アラ、いいじゃない、使いたいわ」
「それなら、早目の母の日のプレゼントね」
というわけで、母は毎日セッセと使っています。

元々食の細い上、すでに90歳過ぎの母の好物といえば、果物とショートケーキと和菓子と、
お寿司ぐらい。
(勿論当日は、そのすべてを用意。夕飯はカニ入りチラシ寿司に。)
でも、”美と健康”には好奇心旺盛。
案外、化粧品セットのプレゼントも喜びます。

何歳になっても“女”ですものねえ。
こういう物を欲しがるうちは、長生きしそうです。



posted by ピロコ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

イタタタ・・・と言いながら目の保養

思えば、G.W.最後の日の6日に、気合いを入れるためにスポーツジムへ。
ひさしぶりに、ジムで汗を流したのだった・・・。

それから3日後。
アレ? 身体が痛い・・・ハハン、久しぶりにウェイトトレーニングやったからねえ・・・。

ところが・・・・
それから日に日に左上半身が痛くなって、
何をやるのもイタタタ・・・!
パソコンの前に長くいるのも、立ちっぱなしも、座りっぱなしもイヤ。
お風呂に入っている時と、ベッドに横たわっている時が一番ラクチン。

これって・・・まるで年寄りじゃない!


そんな身体で、週末は仕事も司会の仕事を忙しくこなし、プライベートでもあちこちへ出かけました。


hayashisan.jpg

長いお付き合いの漫画家・林昌也さん率いる油絵同好会「萌画会」の展覧会へ。
第30回を迎えたとのこと。
林さんの作品『天空の山々』の前で。
林さんは、私の朗読会には欠かさず奥様とお越し下さる有り難〜い、そして素敵な紳士です。


13日(日)母の日は・・・。

『さいわい寄席』の裏方として、着付けから受付、などなどお世話になっている着物学院の
先生方が、年に1度その技術を披露する『第12回中原街道まつり』の会場へ。
今回は、元住吉の国際交流センターで開催されました。

色々な催しが一日中行われていたのですが、写真は、着物ショー。

まず、江戸初期に、役者さん達によって流行した帯の結び方。
「ロコウ結び」(上の段) 「平十郎結び」(下段左側) 「みずき結び」(下段右側)
kimono.show01.jpg

kimono.shouw03.jpg  kimono.shou.05.jpg

kimono.show06.jpg
江戸の花嫁姿と、大正時代の花嫁姿。

白ムクや綿帽子が出てくるのは、最近なのですね。
モデルさんがお二人とも可愛らしくて、ピッタリでした!

その他、各着付けの先生方による創作帯結びも、紫陽花、クレマチス、花みずき、バラ
などを季節の花を表現したりと、圧巻でした。

そしてラストは、おいらん道中の出発です。
日本の着物文化、あらためてあでやかですねえ!!

kimono.show07.jpg






posted by ピロコ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。