2013年04月11日

第10回ル・プティ・カドは無事終了しました

petit brog.jpg

petit brog02.jpg


4月6日(土)
低気圧が近づき、TVの天気予報では「無理のない外出はお控えください」との注意。

前日は、ご来場予定のお客様全員へ、状況判断で決して無理はなさらないように、
ただし予定通り開催います、とご連絡。
そんな対応に追われ、慌ただしい気分で本番を迎えました。

結果としては、夜の部は、キャンセルのお客様は勿論何名か出て、
こじんまりとはしていましたが、それでも当日急に駆けつけてくださった方々も
いらして、アットホームな雰囲気で開催することができました。

とりあえず、10年間、ル・プティ・カドを見守り、応援して下さった方々、
初めてお越し下さった方々、いらっしゃらなくても、このブログを読んで下さった方々、
本当にどうもありがとうございました。

上の1枚目の写真は、前半の衣装。江戸川乱歩の世界に合わせて。
ただし、入江さんは、いつもこの格好ですが。不思議な雰囲気でしょう?
2枚目は後半の会場の様子です。


ところで、
「今回のライブをこのまま、ライブハウスでもう1回やりませんか?」
というありがたいお言葉を戴きました。
5月末か6月初めに、池尻大橋にあるライブハウスで、再演することになりそうです。
詳細がでたら、また告知いたしますね。

 
posted by ピロコ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

ファイナルステージ「朗読と尺八 Le Petit Cadeau Vol.10」は今度の土曜日!!


petit2013.jpg="140petit cadeau001.jpg

petit cadeau002.jpg

petit cadeau000.jpg



今日の冷たい雨と、明日の春雷で、近場のお花見は終わりのようです。

本来なら、4月6日(土)は、桜の季節のはずだったのに・・・。


そう、恒例春の朗読ライブ「ル・プティ・カド」が本番目前です。


10年前に、毎回違う楽器奏者を迎え、音と声のコラボを行いたい、
声と声のコラボも実験的に行いたい!
と、始めた「Le Petit Cadeau(ル・プティ・カド)」。

“小さな贈り物”という意味です。
新しい季節に出発する全ての人々へのエールを込めて、4月初めに開催して参りました。


ピアノ、ハープ、二胡、マリンバ、琵琶、ブルースハープ&ギター、
アイヌ楽器のトンコリとムックリ、リュート。
様々な楽器奏者との出会いがあり、様々な音色との共演がありました。

そして今回は、尺八奏者の入江要介さんをゲストにお迎えします。
入江さんとは、他の機会に共演し、またいつかと思っていたので、今回叶いました。
入江さんの若き感性に、魅力を感じています。

朗読パートナーは、千葉小津江さん。
同じ「ぐるーぷ・もある」のメンバーですが、元々音楽畑の千葉さんには、
音楽的な感性に助けられ、色々助言してもらいながら、毎回企画を進めてきました。
彼女との稽古は、いつも楽しいです。


これまでやれたこと、うまくいかなかったこと。
振り返れば色々ですが、いつだって、ともかくも一生懸命作り上げてきたライブです。


さて、


今回10回目を1つの区切りとして、「ル・プチ・カド」は一旦終了します。
もっと自由な発想で、ライブを行うにはどうしたらよいのか?
そんな疑問に突き当たっていた私達は、また1から始めたいと思っています。

では、今回が集体成???
イエ、そんな形にはなりませんでした。

だって、何も括れないし、何もまとめられないのですもの。
今回も、1回目と同じく、5回目と同じく・・・
今回やってみたいことに挑戦するのみです。


いつもお越し下さるお客様に、またお会いできます。
初めていらっしゃる方々にも、聴いていただけます。
そこにいらっしゃるお客様と、その時だけしか生まれない空間が共有できます。
なんて嬉しい事なんでしょう!!



4月6日(土) 昼の部14:00〜 夜の部18:00〜(2時間余り)
いつもの公園通りクラシックスで。


お待ちしていますね!

急に都合がついた、渋谷に来ている、そんな方も、どうぞお気軽にお寄りください。
詳細は、上記チラシをクリックして下さいね。

 *お問い合わせは、Email: pal@hiroko-kohno.net まで。




posted by ピロコ at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

春、満開! をお届します

伊豆までドライブ。
河津桜を見てきました。
桜も菜の花も、今が満開の見頃です!


kawazu01.jpg



kawazu02.jpg



kawazu03.jpg



kawazu04.jpg




kawazu05.jpg



3月は、学校の講師業は春休みなので、ホッとひと息。

その代り、朗読ライブ、落語高座が目前。
稽古と準備に追われています。

そして新たに、朗読を愛する仲間達と、新しいプロジェクトの立ち上げが、
今着々と進んでいます。
それはまたあらためて、ご報告しますね。

インプットとアウトプットのバランスよく、
表現する事、伝えていく事、をもっと積極的に行っていかなければ!

3月・・・素敵な季節になりそうな予感・・・。





posted by ピロコ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

ル・プティ・カドVol.10は「朗読と尺八」の調べです  

チラシをアップします。

petit2013.jpg

petit2013.2.jpg


江戸川乱歩の世界に、意外にも新しさを感じるでしょう。

宮沢賢治の詩の世界に、激しい鼓動とリズムを感じることでしょう。

そして入江さんの尺八からは、静謐さと新鮮さと温もりを感じてください。

お待ちしています。

お問い合わせはこちらまで
Email:pal@hiroko-kohno.net (塙野 ひろ子)





posted by ピロコ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

少し以前になりますが

2月も終わろうとしていますね。

だいぶブログ更新がご無沙汰してしまったのですが、
楽しいイベントだったので、遅ればせながらのご報告を。


2月16日。
湯島のライブハウスJ−Roomにて、イベント『GS&オールディーズ メモリアル』の
司会を務めました。

ゲストは、元ダウンタウン・ブギウギ・バンドのリード・ギタリスト和田静男さんとその仲間。

wada band.jpg

mc.jpg



「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」「スモーキング・ブギ」はもちろんのこと、
かつての資生堂のCM曲「サクセス」「愛しのティナ」などなど披露。
懐かしい!!

和田さんはギターも歌も、渋くて、本当にカッコ良かった!

wada&me.jpg



第T部は、お店のオーナー、ジャック・カネミツさんによるオールディーズのステージ。

jack.jpg


第U部が、お客様によるGSソング歌いまくりコーナー。
皆歌って踊ってノリノリの大盛り上がり。

なにしろ主催者である社長が、元バンドボーカル&ギタリスト。
そのIT顧問が元バンドギタリスト、とかなり本格的だったのです。

こういう司会はめったにないけれど、司会しながら飲んでよし、踊ってよしと言われていたので、
一緒に楽しんじゃいました〜♪。






posted by ピロコ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

宮城県名取市で、映画上映会

bunkanoizumi.jpg

東北の被災地向けFM番組として、毎週オンエアされているラジオ番組。
それが、サンスター提供の『文化の泉 シネマアベニュー』です。

1ヶ月に1回まとめて収録していますが、写真左から順に、ミキサー、構成&演出、
パーソナリティ、コーディネーターと、このメンバーでお送りしています。

名画をご紹介するこの番組を担当するようになって、昔観た映画をあらためて観ると、
昔は観えなかった色々なものが見えてきたり、感じたりします。
そして、名画の持つ底力に、あらためて敬意を表します。


new cinema paradise.JPG


さて、80年代のローマを舞台にしたのが、『ニュー・シネマ・パラダイス』
日本では、1989年12月に、銀座シネスイッチで上映され、40週のロングラン。
わずか200数席の1館だけで27万人を動員。
興業成績3億6900万円という記録を樹立した映画です。

映画が娯楽の王様だった時代・・・その郷愁を描いた作品です。


この映画の上映会が行われます。

◆イベント・タイトル:『文化の泉〜シネマアベニュー』上映会
◆日時:3月10日(日)
◆場所:宮城県名取市にあるイオンモール名取、イオンホール
◆同時開催イベント:「SCREENを飾った歴代ハリウッド・スター展」
           (映画専門誌「スクリーン」協力)
◆詳細問い合わせ:ラジオ3(スリー)
  TEL 022−213−2323(火〜土曜日 9:00〜18:00) 
 

3月11日の前日ではありますが、地元の方に足を運んで頂けるのを願っています。


posted by ピロコ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

4月ライブは、尺八との共演です!

ume2013.jpg

明日はいよいよ立春。
ここ2日、春の日差し。暦の正確さに、あらためて感心させられます。
庭の紅梅の蕾も、少しずつほころび始めました。


最近は、仕事の打ち合わせ続き。
その中で、今後関わってゆく朗読家の方々との話し合いもありました。
なんというか・・・皆様、即実践のパワーがみなぎっていて・・・
最近私、緩んでいるなあ!、と猛反省。

明日出来ることは、今日はしない
期限が迫るまで、放っておく
ウ〜〜〜ム、この生活態度がしっかり身に付き始めて、イカン、イカン!! ><

てなわけで、4月に迫りつつあるライブの告知を、先ずはしちゃいます。
稽古不足の自分を、追い詰めるためにも。
(ウ・・・チラシができていない!)


【 Le Petit Cadeauru(ル・プティ・カド)Vol.10 】
 〜 朗読と尺八の調べ 〜


◆ 演目
・江戸川乱歩の世界 『 人でなしの恋 』『 二廃人 』
・宮沢賢治 音の聞こえる詩を集めて
・お話し玉手箱 (楽しいお話しを用意します)
・尺八 ソロ演奏

◆ 出演
 朗読: 千葉 小津江 / 塙野 ひろ子
 演奏: 入江 要介

irie.jpg
 
*八橋検校日本音楽コンクール1位をはじめノーヴイ国際音楽コンクールなど、
  その他様々なコンクールにおいて優勝。イタリアなど海外でも数多く公演。
  若き尺八奏者の作曲する世界は、モノクロの世界に、妖しい紫や、清々しい
  ブルーが混ざりこみ、独特のIRIE-Worldに、聴衆を引き込みます。

◆ 日時: 4月6日(土) 14:00 / 18:00 2回公演
◆ 会場: 公園通りクラシックス (JR渋谷駅から徒歩5分 山手教会地下)
     http://k-classics.net/
◆ 入場料: 3000円(全席自由席 ワンドリンク付き)



ル・プティ・カドも10回目を迎えます。
私の朗読する『人でなしの恋』は、いつか読んでみたいと思っていた作品です。

常に自分の中では、何か挑戦する試みを持って臨んでいるのですが、
目下の苦戦は、2人で分かち読みする宮沢賢治の詩!
どのように表現すればよいのか・・・・?!!
擬音語、擬態語の“音の詩人”でもある賢治の、あまりふだん耳にされない作品も、
お届けしようと思っています。

入江さんの尺八は魅力的です!
ぜひ聴きにいらしてください。

*チラシができ上がりましたら、またアップしますね。







posted by ピロコ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

2013年を迎えて

hiroko2013.gif

穏やかな元日となりましたね。

今年は、あれこれ手を広げるというよりは、今関わっている仕事や
自分のライフワークを、もっともっと専門的に深めていきたいと思っています。

今こそ、それぞれの分野で、プロ意識を持って携わることが、日本の未来のために
必要なのではないでしょうか。

私は語ると云うこと、人を育成するということにおいて、頑張ります。

そして、人との関わり方も、深く、温かく。
ご無沙汰ばかりの昨年の反省もこめて・・・。

巳年にちなんで、長〜〜〜〜〜〜〜〜いおつき合いを、今後ともよろしく
お願いいたします!


posted by ピロコ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

今年の締めの楽しみ

frowre2012.12.jpg


risshou2012.jpg

年末になると務める司会の1つ。そしてとても楽しみな仕事。

東京立正中学・高等学校吹奏楽団定期演奏会は、第50回を迎え、例年よりさらに
盛大に開催されました。

部員45名の他に、卒業生30名、さらにふだん指導にもいらっしゃるプロの演奏家
6名を交えての、壮大な演奏。
ほとんど365日、練習を重ねてきた1年間の総決算を、見事にやり遂げました。
高校生でも凄い!!と、いつも感動します。


実は、もし今学生に戻れたら、所属してみたいのがブラスバンドです!
司会を担当して11年目。
そう思うのは、この仕事をして、学生達のパワーと音楽を愛する情熱を
身近に感じた影響でしょう。
そういえば、小学生時代の鼓笛隊も楽しかったし・・・(笑)

とはいえ、学業との両立は、どれほどご家族(特にお母様)の協力があったかと
思うと、頭が下がります。

年末に、学生からまたパワーをもらいました。感謝。


posted by ピロコ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

“命のことば”が見つかったら

nakano00.jpg


昨日は、中野サンプラザで、イベントの司会でした。
年2回行われる、作詞作曲家のためのCDアルバム「窓辺の情景シリーズ」発売記念発表会。
100名ほどの関係者が集まり、8人の歌手が、24曲を披露しました。

シンガーソングライターの渡部まいこさんに、歌作りに関してインタビューしたとき、
とても印象的なことをおっしゃいました。
「私は“命のことば”をまず決めるんです。
これが決まると、イメージが目前に広がって、そのフレーズに自然にメロディがついて・・・」


あ、なるほど、確かに!!

私はいつも、全ての歌のイントロに、尺に合わせてナレーションをつけて紹介します。
ちょっと古いけど、かつてのTV番組『演歌の花道』の来宮良子さんみたいに。
恐れ多いか・・・(笑)

その作業をしているとき、私もいつもその歌の“命のことば”を探します。
これだ!と思えることばが見つかると、景色が浮かんできて、関連の言葉が次々に湧いてきて、
ナレーションができ上がります。


考えてみれば、朗読だって一緒です。
“命のことば”に出会ってしまうと、この作品を朗読したい!と思います。
そのことばを、きちんと聴き手に伝えるために、頑張ろうと思えます。
“命のことば”は、きっと今自分が必要としていることば、心の琴線に触れた
ことばなのですから。

私は見つけるだけですが、それをゼロから生み出す作家って、本当に凄い!!


言葉って、何だと思う?

けっしてことばにできない思いが、ここにあると指さすのが、ことばだ。

      (長田 弘 著『詩2つ』より、「花を持ってあなたに会いに行く」から)



nakno03.jpg


posted by ピロコ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

さいわい寄席とぐるーぷ・もある公演を終えて

saiwai11.4.01.jpg


「第38回さいわい寄席」。
連休の大安、晴天、しかも川崎は市民祭りの最終日。入りが心配されたのですが・・・

お陰さまで9割がた800名近い方々が各回ともお越しくださり、今回も楽しく盛り上がって開催出来ました。
本当にどうもありがとうございました。
ゲストの春雨や雷太さんは、かっぽれも披露して下さるし、トリの桂南なん師匠は、アマチュアの部の高座まで、じっと袖でご覧になり、よく聴いていてくださって・・・プロの噺家さんでは珍しいことです。
お二人とも打ち上げにも参加してくださり、大いに盛り上がりました。


さて、もある朗読公演の反省会も終わり、私は新たに、4月の準備に入らなくてはなりません。
4月は、朗読では、「ル・プティ・カド」が第10回目となり、1つの節目となります。
さいわい寄席は第39回。私も久しぶりに高座に上がります。稽古始めなくちゃ・・・。


今回の「第12回ぐるーぷ・もある」での写真を、記念にここに載せさせていただきますね。

moaru2012.03.jpg

moaru2012.02.jpg


moaru2012.01.jpg

moaru2012.04.jpg

moaru2012.05.jpg


今回私が選んだ『地獄変』(芥川龍之介)は、思いっきり精力を使い果たしました。
その経験をもとに、また次の階段を目指さなくてはなりません。

朗読という自己表現は奥が深く、舞台は、お客様と作り上げる摩訶不思議な空間です。













posted by ピロコ at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

11月4日(日)は「第38回さいわい寄席」です

先日は、「第12回ぐるーぷ・もある朗読公演」を無事終えることができました。
昼も夜も、大勢のお客様がお運びくださり、本当に嬉しかったです!
あらためて、どうもありがとうございました。

カメラマンが撮った写真は、後日あらためてアップしますね。



さてさてお次は、アマプロ共演、川崎名物の「さいわい寄席」。
私は司会を務めます。

サッサと宣伝せんかい!と、兄弟子から写真が送られてきましたので、
清流亭一門の稽古模様などをご紹介します。
まずは、第15回目の時の大喜利の模様から。

saiwaiyose.2012.11.jpg

saiwaityose2012.11.2.jpg
席亭いしあたまさんと私のからみ。



そして厳しい稽古風景。
saiwaiyose2012.11 .jpg

saiwaiyose.2012.11.4.jpg  saiwaiyose.2012.11.5.jpg

左が大福さん、右が遊楽さん。

一門はいまや10歳〜73歳までと、老若男女幅広~~~~い!
そしてナント今回アマチュア部門は、10歳と73歳対決もあります?!
一方、ゲストには、二つ目の春雨や雷太さん、トリは桂南なん師匠をお迎えします。

詳しくは、↓をご覧ください!!

saiwaiyose.2012.jpg



posted by ピロコ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

皆様のお越しをお待ちしています!

nakama.jpg

今日は、いよいよ23日に迫った朗読公演の最終稽古日。

朗読は、ふだん各自で稽古していますが、聴いてくれる人が目も前にいると
断然読みが変わってきます。
稽古場の広さによっても変わってくるので、頭の中では、本番の舞台を
思い描きながら稽古します。

ダメ出しをして下さる先生、気付いたことを指摘してくれるメンバー。
大切な仲間です。

このメンバーで行います。
皆様のお越しをお待ちしております!!
posted by ピロコ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

観る、読む、感じる

kinmokusei.jpg

裏の家の金木犀。
塀越しに、良い香りを運んでくれて、香りのお裾分けにあずかっています。


あまりマメに更新しない私が、FACEBOOKに流れて、さらに御無沙汰してしまいました。


昨日は、月1回の映画情報の録音日。
この2日間で、「シェーン」「カサブランカ」「お熱いのがお好き」「Stand By Me」
「007 ロシアより愛をこめて」をTUTAYAで借りて来て、大急ぎで飛ばし観しました。
全部昔観たものばかりだけれど、かなり記憶は曖昧になっていて、今見ると新鮮!

12歳の少年達の物語である「Stand By Me」は、なんだか今回すごく良かった。
勿論、主題歌が良い。
それから、リヴァー・フェニックスの目が切なくて印象的。
彼は若くして亡くなったのですよね。

少年と言えば、「シェーン」のワンシーンで、アラン・ラッド扮するシェーンが、
少年に向かって言う「真っ直ぐに強く生きるんだぞ」という言葉も、
最近聞かなくなった言葉で、印象的でした。

人は年代によって、その時の気持ちによって、同じ映画を見ても、心に残るシーンが
少し変わってきますね。小説を読んだ時もそうですけれど。


久しぶりにご一緒に仕事している構成作家が、私と感性が似ていて、
「そうそう!」と共感できる原稿を書いてくださるのも、とても嬉しいことです。


**************************************

さて、ぐるーぷ・もある朗読公演が、いよいよ23日(来週火曜日)に迫ってきました。
まだ昼の部も、お席空いています。
夜の部は、たくさ〜ん空いています(汗)
よろしければ、ぜひお運びくださいね。

moaru2012.jpg


posted by ピロコ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

心に残る物語を、あなたに

草むらの中で、秋の虫達が鳴いています。
「 カタサセ スソサセ サムサガクルゾ 」
衣替えの季節になりました。


仕事と野暮用の狭間で稽古している、来る10月23日の朗読公演の演目『地獄変』。
一か月を切ったというのに、形にならない! 覚えられない!!
悶々としています・・・


そんな中で、新しいお仕事をしました。

10月から週1で始まる、東北被災地のFM局でネットする番組『文化の泉 シネマアベニュー』。
名画を中心にご紹介する内容で、私はそのナレーションです。
また、実際被災地へ行き、上映会を行う企画もあり、その時は司会を務めて下さい、とのこと。

喜んで〜♪

roman holiday.jpg


第1回目の放送でご紹介する映画は、『ローマの休日』。

私も大好きな映画で、何度も見たし、勿論DVDも持っています。
オードリー・ヘプバーンは、なんて気品があってチャーミングなんでしょう!!
あの映画のグレゴリーペックも本当に素敵。

最後の記者会見で「今回の訪問で最も印象に残る街は?」と尋ねられて
アン王女は答えます
「どの街もそれぞれに忘れがたく、一つ選ぶのは・・・」と言いかけた後で・・・
「ROMA!(この発音がよかった。あ、“ローマ”じゃなくて“ローム”なんだって思った。)
なんといってもROMAです。この地での思い出は、生涯心に残るでしょう 」

万感の思いをこめて視線を交わす二人・・・。忘れられないシーンです。


あなたにとって、お気に入りの名画はどれですか?


posted by ピロコ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

ぐるーぷ・もある第12回定期公演

チラシが出来上がりました。
moaru2012.jpg

裏面はこちらをクリック → moaru2012ura.jpg

お馴染の文豪達が勢揃い!
読んだことのあるお話しもあるのでは?
でも、読むのと聴くのとは、また違った味わいで、文学の世界が広がります。
忙しい毎日だからこそ、時には、五感を澄ませて、非日常の物語の世界に
浸ってみてはいかがでしょうか。

本番まで、台本とレコーダーを持ち歩き、一人ブツブツ四苦八苦する日々が続きます。
皆様のお越しをお待ちしております。

*お申し込みEmail : pal@hiroko-kohno.net




posted by ピロコ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

秋の催しもの 〜 パフォーマンス学・朗読・落語、色々あります!

【 10月14日(日) 国際パフォーマンス学会 第30回コンベンション 】

TVでもお馴染の、パフォーマンス心理学者・佐藤綾子教授の基調講演は必聴!
塙野は、大会統括の司会を務めます。お一人でも気軽に参加できますよ。


p-taikai2012.01.jpg

詳細はこちらをクリックして、ご覧ください。
  ↓
p-taikai.2012.02.jpg

http://ipef.jp/akademi/30th/workshop.html

**********************************************************************

【 10月23日(火)第12回 ぐるーぷ・もある定期公演 】

文学の香りをお届けします。
太宰治「女賊」/ 芥川龍之介「地獄変」/ 志賀直哉「清兵護と瓢箪」/ 菊池寛「名人伝」 他。

◇ 場所:なかの芸能小劇場(JR中野駅より徒歩5分)
◇ 開演時刻:昼の部 14:00 / 夜の部 17:00
  (開場は各30分前)

*詳細は、あらためてチラシをアップします


**********************************************************************

【 11月4日(日)第38回 さいわい寄席 】

アマ・プロ共演の川崎名物! 
ちびっこ噺家、大人を食うか?! ゲストには桂南なん師匠をお迎えして、大いに笑っていただきます!
*満席になりますので、早期予約の方は、お席を確保いたします。


saiwaiyose.2012.jpg


posted by ピロコ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

秋のもある朗読公演

otuka01.jpg

otuka02.jpg

大塚公園に入ると、溢れるほどの蝉の声。
猛暑の中、大木の木陰に入ると、張り詰めていた身体がつかの間ホッと緩みます。

この公園内にある緑の図書館2階集会所が、朗読ぐるーぷ・もあるの稽古場所。

10月23日の公演に向けて、稽古も佳境に・・・と言いたいところなのですが、
どうも遅れ気味。
馬力出さなくちゃ・・・!

10月23日(火)、なかの芸能小劇場にて、ぐるーぷ・もある定期朗読公演を行います。
今回はなぜか文豪作品が並ぶ中、私の演目は、芥川龍之介の『地獄変』。
芸術家の芸道を追求する狂気と、人の心のあてどなさ。
衝撃的シーンを妖しく美しく表現できれば、と・・・。

濃密な筆遣いのこの作品を語るには相当な覚悟が必要だと、心引き締め
向かい合っています。

詳細はまたあらためてご案内しますね。
中身の濃い公演になりそうです。
自信を持ってご案内できるように、頑張って稽古します。


昨日は、湘南で講師をしている朗読教室。
来週からは、専門学校の朗読授業も再開。
朗読に向き合う毎日です。




posted by ピロコ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

う〜〜〜ん、へんな顔!

hanafubuki001.jpg


少し前の話題ですが、4月25〜26日に行ったザ・ライブ『花吹雪』のステージ写真を、
カメラマンが送ってきて下さいました。

といっても、私はダテ眼鏡かけているし、どれもまともな顔の写真が無くて、
プロフィール写真にも、宣材にはならない・・・。
まさに、記念の貴重な写真です。

なので、ここで、私のヘン顔を披露しちゃいま〜〜す。


hanafubuki002.jpg    hanafubuki003.jpg


hanafubuki004.jpg    hanafubuki005.jpg



posted by ピロコ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

語りライブを終え、只今まったり中

azamino.street01.jpg

azamino.street02.jpg

G.W.真っ只中。
この2日間、晴れ間が広がり、一気に初夏の様相です。

我が家の近くの街路樹は、ピンクの花水木と白いツツジ、白い花水木と赤いツツジ、
薄ピンクの花水木と濃いピンクのツツジ、という組み合わせのそれぞれの道が、
1キロぐらい続き、もっと咲きそろうと、それはそれは美しいのですよ!



25・26日と2日間にわたって行われた浅草リトルシアターの語りライブは、
ビックリするほど好評でした。

通常の朗読会とは違って、かなり一人芝居のような動きがあったことで、
お客様にはとても刺激的だったようです。
また、浅草という土地と、小屋の醸し出すノスタルジックな雰囲気も良かったとのこと。

ご来場下さったお客様、応援メールを下さった方々、本当にどうも有難うございました!
私も、役者さん達と稽古できたことは、色々勉強になりました。

が・・・、今は、疲れた!!

4月から仕事も何もかも、涛のごとく新しい事が入ってきたので、只今へばっています(笑)

でも、連休中も少しは仕事があるし、準備もしなくちゃ。

5月10日には、地元のシニアクラブで朗読を頼まれているので、稽古も始めています。
藤沢周平氏の『山桜』と詩を何篇か読むつもりです。

ああ、連休もアッという間に終わっちゃうのかしら・・・。


皆様、素敵なG.W.を!!


posted by ピロコ at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。