2013年02月26日

へんり 未来さんのこと

友人のミュージシャン=へんり未来さんから、ベストアルバムが2枚届きました。
COUNTERSHOCK BEST 1.2.

counter-shock.jpg

へんりさんのことを簡単にご紹介しますと・・・

渡米しプロのジャズギタリストとして活躍中に、肝炎・腎炎を発症し帰国。
その体験から看護師となり、医療・福祉の問題をテーマに音楽によるジャーナリズムを展開。
“メディカル流し”として、病院や施設でのコンサート活動も行っています。
ヘンリーミラーが好きだから、そこから芸名を付けたとのこと。


YOU TUBEを付けておきますので、ちょっとお聴きください。
これは笑えて、メタボの方は身につまされる歌かも?!

 


へんりさんとは、昔『イヌワシになった青年』というタイトルで、
一緒にライブを行ったことがあります。

若くして亡くなった池田拓くんに捧げたへんりさんのCDを聞き、是非にと思ったのです。
お父様のお書きになった本をもとに、へんりさんの演奏と一緒に、朗読させていただきました。
山形にご一緒した時の取材は、鳥海山の登山までできて、大変貴重な体験でした。


そして、もう1つ、私にとって忘れられないへんりさんの言葉があります。

当時私は、病気の家族のために一生懸命やっているつもりだったのに、
「いちいち出しゃばらないで!」と本人から言われ、大ショック!
憤慨して、しばらく顔を合わせる気も起きなくて、でも気になって・・・
モヤモヤしていたのです。

そのことを、へんりさんに漏らしたら・・・
へんりさんは一言。
「出しゃばりでも、お節介でもいいじゃないですか。続ければいいんです。」

それを聞いて、なんだか涙が出そうになりました。
(ああ、こういうお仕事の方は、患者さんに何を言われても、変わらず見守り、
お世話をしているのだな)
そう思いました。

私は結局、患者の気持ちより、感謝されたい、自分がいい子でいたい、
無意識にそんな気持ちが働いていたのかもしれないと、そう悟ったのです。

私はへんりさんに、とても感謝しています。

とても応援したい方です。



posted by ピロコ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/332001571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。