2013年02月03日

4月ライブは、尺八との共演です!

ume2013.jpg

明日はいよいよ立春。
ここ2日、春の日差し。暦の正確さに、あらためて感心させられます。
庭の紅梅の蕾も、少しずつほころび始めました。


最近は、仕事の打ち合わせ続き。
その中で、今後関わってゆく朗読家の方々との話し合いもありました。
なんというか・・・皆様、即実践のパワーがみなぎっていて・・・
最近私、緩んでいるなあ!、と猛反省。

明日出来ることは、今日はしない
期限が迫るまで、放っておく
ウ〜〜〜ム、この生活態度がしっかり身に付き始めて、イカン、イカン!! ><

てなわけで、4月に迫りつつあるライブの告知を、先ずはしちゃいます。
稽古不足の自分を、追い詰めるためにも。
(ウ・・・チラシができていない!)


【 Le Petit Cadeauru(ル・プティ・カド)Vol.10 】
 〜 朗読と尺八の調べ 〜


◆ 演目
・江戸川乱歩の世界 『 人でなしの恋 』『 二廃人 』
・宮沢賢治 音の聞こえる詩を集めて
・お話し玉手箱 (楽しいお話しを用意します)
・尺八 ソロ演奏

◆ 出演
 朗読: 千葉 小津江 / 塙野 ひろ子
 演奏: 入江 要介

irie.jpg
 
*八橋検校日本音楽コンクール1位をはじめノーヴイ国際音楽コンクールなど、
  その他様々なコンクールにおいて優勝。イタリアなど海外でも数多く公演。
  若き尺八奏者の作曲する世界は、モノクロの世界に、妖しい紫や、清々しい
  ブルーが混ざりこみ、独特のIRIE-Worldに、聴衆を引き込みます。

◆ 日時: 4月6日(土) 14:00 / 18:00 2回公演
◆ 会場: 公園通りクラシックス (JR渋谷駅から徒歩5分 山手教会地下)
     http://k-classics.net/
◆ 入場料: 3000円(全席自由席 ワンドリンク付き)



ル・プティ・カドも10回目を迎えます。
私の朗読する『人でなしの恋』は、いつか読んでみたいと思っていた作品です。

常に自分の中では、何か挑戦する試みを持って臨んでいるのですが、
目下の苦戦は、2人で分かち読みする宮沢賢治の詩!
どのように表現すればよいのか・・・・?!!
擬音語、擬態語の“音の詩人”でもある賢治の、あまりふだん耳にされない作品も、
お届けしようと思っています。

入江さんの尺八は魅力的です!
ぜひ聴きにいらしてください。

*チラシができ上がりましたら、またアップしますね。







posted by ピロコ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318439389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。