2010年08月06日

8月6日に

heiwakoen.jpg

8月6日、午前8時15分

NHKの広島平和祈念式の中継を観ながら、黙とうを捧げました。

秋庭広島市長の平和宣言は、とても鮮明でした。
広島弁で語り出したセリフに、まず胸がつまりました。

小学校6年生2人の子供達の宣言も、心に強く残りました。

それぞれの平和宣言がとても素晴らしかったので、
管首相の挨拶は、残念ながらかすんでいました。

個人的な気もちとしては、今日の式典に、皇室の今を担う
皇太子様がご臨席されなかったのは、とても残念に思いました。



米国の代表として初の駐日大使の参列。
74ヶ国の参加者の中には、英仏代表も。

昨年4月のオバマ大統領のプラハ演説以来、少しずつ何かが
動いています。
核廃絶はとてもとても困難な道ではありますが・・・。



私の伯父(父の兄)は、軍隊の所用で広島に出張した際、
原爆に遭い、亡くなったそうです。

私自身、伯父の慰霊のための広島参拝は未だ実現させておらず、
私の中では宿題になっています。




長田弘さんの詩『花を持って、会いに行く』のなかに、
こんな文章があります。


 ことばって、何だと思う?
 けっしてことばにできない思いが、
 ここにあると指さすのが、ことばだ。



言葉では到底言い表せない思いを伝えるために、
人は、心からの言葉を使うのですね。



posted by ピロコ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ことばの世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158638038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。