2009年08月15日

海と空の青さ

セミのボイス・シャワー・・・

関東は、ここ数日、初めて夏らしい晴れ間が続きました。


お盆休みはとれましたか?
どのようにお過ごしになりましたか?


私は、本当は、ヨットで熱海〜新島・式根島〜大島巡りのクルーズを行う
予定だったのですが、諸事情により、参加を取りやめました。

でも、横浜から熱海まで、ヨットを運ぶのは手伝いました。

fune.jpg

hesaki.jpg

sora.jpg

kouseki.jpg


海はクルクルと、その表情を変えます。

観音崎から穏やかな青い海原かと思えば、熱海到着1時間前からは、
風が強くなって、三角波が立ち始め、海がうねり始め、熱海到着時は、
また急に凪いで・・・。

自然の前では、人間は本当に無力ですね。
謙虚に、いかに付き合っていくか、です。


客船「飛鳥」に乗船して仕事をしていた1年間、南太平洋上で、様々な海の表情、
空の表情を眺めることが出来ました。

ヨットに乗り始めてから、東京湾は、より私に近い存在になりました。

海と空のいくつかの風景は、私の心の中に、額縁付きで飾られています。



今日は終戦記念日。


以前、取材で訪れた広島県・江田島から見た海の美しさも、私にとっては
忘れられません。

江田島といえば、旧海軍兵学校があったところで、現在は、海上自衛隊第一術科学校に
なっています。
その敷地に建つ教育参考館も、見学させてもらいました。
海軍関係の資料の中に、若い命を散らせた特攻隊員達の遺書や遺品なども
見ることができます。

広島市平和記念資料館と共に、こちらも是非見て頂きたいです。

呉港からフェリーに乗り、平和な瀬戸内海の島々を眺めながら、
かつて、彼らはどんな思いで、青い海を、空を、見つめたのだろうと思うと、
胸が痛くなりました。

posted by ピロコ at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海の写真いいですね〜。

のんびり船旅(ヨット)憧れます。

我が家は、かつての海軍予科練習場、土浦航空隊があった場所のすぐ近所です。
今はやはり自衛隊の駐屯地となっています。
敷地内には予科練記念館が有ります。中に入り様々な資料を見てると胸が熱くなります。

平和を祈念する朗読にも、いずれは取り組まねばと思っています。
Posted by いっきゅう at 2009年08月16日 01:27
 私もいっきゅうさんに同感!

ここ数日、第2次大戦に関するTV番組を観ていて、まだまだ知らないことも多いし、自分なりのビジョンをも持たなければ、とも思い反省させられました。

それと同時に、今私達の世代がバトンを受け取り、後に伝えなければどうなる?!
とも思いました。

私達も、朗読を通して、後世に伝える責任がありますよね。
Posted by ピロコ at 2009年08月16日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。