2009年05月24日

奈良Part2 野生なのよね

sika001.jpg

奈良公園といえば、鹿。

現在、奈良公園と若草山には約1200頭の鹿がいるそうです。
勿論、天然記念物。
そして、神の使いとして、1千年も昔から、ここに棲息しているのだそうです。


緑滴る奈良公園に足を踏み入れた途端、いましたいました、そこここに!
この時季は、小鹿も沢山見られます。


sika002.jpg
こちらは、鹿せんべいおねだり派のグループ。
あなた達、それでも野生鹿のプライドあるの?


sika01.jpg
観光客はうるさいな〜、私は静かな場所が好きよ。


sika.hiro.jpg
一緒に写真を撮ろうとすると、シャッターを押す寸前にプイッと横を向かれてしまい、
なかなかモデルになってくれませんでした。
餌もやらずに、やっぱりタダはだめなのかな〜〜。


奈良公園の草は、皆鹿が食べてくれるので、いわば芝刈り機の役目も果たしてくれているとか。

考えてみると、野生動物と人間が、このような形で共生している場所は、珍しいかも。



 奈良から少し話はそれてしまいますが、
実は昨日、今話題の動物園「旭山動物園」を取材して本にされた、浜なつ子さんから、
お話を伺ってきたばかりなのです。

旭山動物園は、野生動物たちの習性と環境を第一に考えながら、生き生きした動物たちを
来客に見せることで、人気を博しています。

飼育係の方や獣医さん達の、動物園はこうあるべきという強い信念と、
野生動物への畏敬の念があればこそ、実現した形があります。

そのお話が、『北の動物園できいた12のお話』(浜なつ子著、角川書店)に
書かれています。

これを読むと、野生動物とは、生態系とは、を考えさせられます。

浜さんにお会いする前にと、この本を読んでから奈良に出掛けたので、
野生の鹿を見る観点が、本を読む前とは少し違っていたと思います。

asahiyama.jpg


 奈良公園の鹿たちよ、人間と程よい距離を保ちつつ、なるべく野生らしく生きていってね。




posted by ピロコ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。