2009年02月22日

心に突き刺さる!!

sakura.jpg

今日、友人と交わしたメールで、私が打った一文。

「今まで、自分なりに一所懸命生きてきたという自負はあるけれど、
その場しのぎで生きてきたツケが回ってきたかなあ、とも思う」


そして夜、TVの3chをつけていたら、突然、この詩が読まれた。


ドキ!
痛いとこ突くなあ!!


TVから流れてきたのは、茨木のり子さんの有名な詩「自分の感受性ぐらい」。


でも・・・そのとおり。

時々心が弱くなって、色々な“せい”にしたくなるけど、
結局は、自分自身の問題なんだよね。


「自分の感受性くらい」

ぱさぱさに乾いていく心を

ひとのせいにするな

みずから水やりを怠っておいて



気難しくなってきたのを

友人のせいにするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか



苛立つのを

近親のせいにするな

なにもかも下手だったのはわたくし



初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもがひよわな志にすぎなかった



駄目なことの一切を時代のせいにするな

わずかに光る尊厳の放棄



自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ


posted by ピロコ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ことばの世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114662231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。