2013年10月24日

朗読マイスターズ旗揚げ公演

もある公演は、無事終了。
ご来場下さった皆様、エールを送って下さった皆様、
本当にどうもありがとうございました。


そして、そして・・・!
息つく暇なく、来月11月20日は、朗読マイスターズの旗揚げ公演です。


rodoku.misters01.jpg

rodoku.misters02.jpg


女性ばかり10人の朗読プロジェクト。
その公演第一弾の作品として選んだのは、上質の名作ミステリー。
女性だけによる、”生で演じるラジオドラマ”『弁護側の証人』(原作:小泉喜美子)


もとヌードダンサーが、大富豪の息子に見染められて結婚。
その大富豪の家で起こる殺人事件。
容疑者が浮上し、裁判が続く中で、真犯人を明らかにできるか?!
弁護側が立てた意外な証人は、一体誰か・・・・?!
法廷で迎えるクライマックス。


立体的ライブのラジオドラマの演出家は、今ノリに乗っている大杉良さんです。
セリフに対する演出家の注文は、新鮮でなるほどと思うことばかり。

これまでと全く違う、新しい形の舞台に挑戦しています。


2013年11月20日(水)
めぐろパーシモンホール 小ホール



昼の部/14:00開演(13:30開場)  夜の部/19:15開演(18:30開場)

入場料:前売り3500円   当日3800円 (全席自由席)


☆ お問い合わせ :pal@hiroko-kohno.net (塙野ひろ子)
☆ 詳細     :http://roudokumeisters.com

お早めにお申し込みくださいね。

心から、お待ちしております! 

posted by ピロコ at 01:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

いよいよ、もある公演は、来週の金曜日!

butai002.jpg

st.regart03.jpg


本番まで、あと1週間!

年1回開催している朗読公演も、今回で13回目を迎えました。
あれもある、これもある・・・で、『も・ある』
ナレーター、歌い手、フリーアナウンサー、女優といったメンバーが、
役者であり、ドキュメンタリーのナレーターとして第一人者と言われる
伊藤惣一のもとで朗読を切磋琢磨しているグループです。
今回は、前半は“生きる”をテーマに、後半は宮沢賢治ワールドを
お届けいたします。
言葉の持つ力を信じて、それぞれが自分らしく紡ぎ出す物語を、
ひとときどうぞお楽しみください。


【 プログラム 】
「夜と空と雲と蛙」(詩の樹の下で」より) 長田 弘
「わかれ道」 樋口 一葉
「蛍川」より 宮本 輝

「どんぐりと山猫」 宮沢 賢治
「なめとこ山の熊」 宮沢 賢治

*私の選んだ作品は、宮本輝さんの「蛍川」です。
宮本輝さんの色彩感溢れる文章と、どこか温かくて切ない登場人物に
いつも惹かれます。
北陸の方言は、さて、表現できるかしら・・・?!


◆日時
18日(金) 開場18:30 / 開演19;00
19日(土) 開場13:00 / 開演13:30


◆場所
なかの芸能小劇場
 JR中野駅から徒歩5分
 (途中、中野ブロードウェイを通り抜けると、便利です。)
 TEL 03-5380-0931


◆入場料: 前売り2500円 /当日3000円

まだ、お席はどちらもあります!
お気軽にいらしてくださいね。
お待ちしております。



posted by ピロコ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。