2012年12月27日

今年の締めの楽しみ

frowre2012.12.jpg


risshou2012.jpg

年末になると務める司会の1つ。そしてとても楽しみな仕事。

東京立正中学・高等学校吹奏楽団定期演奏会は、第50回を迎え、例年よりさらに
盛大に開催されました。

部員45名の他に、卒業生30名、さらにふだん指導にもいらっしゃるプロの演奏家
6名を交えての、壮大な演奏。
ほとんど365日、練習を重ねてきた1年間の総決算を、見事にやり遂げました。
高校生でも凄い!!と、いつも感動します。


実は、もし今学生に戻れたら、所属してみたいのがブラスバンドです!
司会を担当して11年目。
そう思うのは、この仕事をして、学生達のパワーと音楽を愛する情熱を
身近に感じた影響でしょう。
そういえば、小学生時代の鼓笛隊も楽しかったし・・・(笑)

とはいえ、学業との両立は、どれほどご家族(特にお母様)の協力があったかと
思うと、頭が下がります。

年末に、学生からまたパワーをもらいました。感謝。


posted by ピロコ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスではなくて

rosoku2012.12.jpg

「お誕生日は何処で祝いたい?」と私。
「ヨット!」とラッコ。(久しぶりの登場です)

ハイヨ、ということで、12月25日がお誕生日のラッコのために、
24日のイブに、早目に仕事を終えたラッコと、東京で待ち合わせすることに。
私は母の夕飯を作ってから、ケーキとおかずを持って、ラッコの車に乗り込みました。
結婚以来、どうも我が家にクリスマスは無くなってしまいました(笑)


イルミネーション輝くクリスマスムードいっぱいの東京からどんどん離れ、
上り車線の渋滞横目に、東名高速下り車線はスイスイ。

途中買い物をして、9時近くに西伊豆にある古宇ヨット村に到着。


いました〜〜〜! 他にも、もの好きが!
イルミネーションつけて、待っていてくれました。

yotch christmas.jpg


それにしても、この辺りは、星が沢山、しかも大きく見えます。
天然のイルミネーションだ!
そうか、こんな静かなイブがあったのね・・・。


new mt.fuji.jpg

new on yotchi.jpg

翌日は、ものすごい強風。
クルージングはできなかったけれど、今年最後の富士山をたっぷり眺めて
帰りました。

harbar kou.jpg

posted by ピロコ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海と船とわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

気持ちの拠り所は

kodachi.JPG


衆議院選挙が終わり、町は静けさと共に、暮の気配が漂ってきました。
韓国では、初の女性大統領が誕生するようですね。


大学の授業も残すところあと一日。
専門学校の年内授業は終了。
年内のナレーション撮り終了。
朗読講座も、昨日で終了。
「良いお年を!」の挨拶を交わす機会が増えてきています。

とは言え、暮のイベントの司会と打ち合わせ、リハーサルと
ヤマ場はまだまだ続きますが。


最近頻繫に連絡を取り合っているのは、来年秋の公演やイベントの数々。
少なくとも、来年12月まで、私は健康でいなければ迷惑をかけるんだ・・・!
なんて、
いつも先々の予定が入っているお陰で、気を張っていられるのですね。

そして、年々弱りつつある母のお世話(あまりしていないけれど・・・汗)と
病気の姉のヘルプと・・・
そんな家族がいるお陰で、これもまた、私がいなくっちゃ!と思わせてくれるし、
健康で自分の好きなことができる幸福を自覚させてもらっているのですよね。
(あ、いけない!、ヤンチャな夫を抜かした・・・!、ゴメン!)


だんだん歳を重ねると、自分の事は祈らなくなります。
自分の事は、覚悟を決めて、前に進めば、あとはケセラセラです。

私にはどうしようもできない、自分以外の人のために、
心をこめて祈ろうと思います。
少しでも幸せでありますように・・・。


いつも優しい気持ちでいられるわけではないけれど、
こんな殺伐とした世の中にあって、心の平安を保ちながら
残り少ない今年を、しっかりと締めたいと思っています。




posted by ピロコ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

悩みますねえ・・・

icho.jpg

今日は12月8日。
72年前に、真珠湾攻撃が行われた日です。

太宰治の短編小説『十二月八日』は、こんな書き出しから始まっています。

「きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう。
昭和十六年の十二月八日には日本のまずしい家庭の主婦は、どんな一日を送ったか、
ちょっと書いて置きましょう。・・・」



さて、選挙運動真っ盛り。

友人知人に、政党の違う議員関係者が何人かいて、それぞれ応援したいのですが、
各人を応援するのと、政党を応援するのとでは違ってきて、難しいです。
消費税問題、TTP問題、原発問題・・・。
主張が入り乱れているので、こちらが曖昧だと、ますます投票したい政党がわからなくなります。
だって、全部がピッタリくる政党が無いのですもの。

党首としてのリーダーシップと人間性・・・これは実は見えにくい。
外面よく、スピーチに長けた人は、化けられますので(笑)。

常に一貫した主張を持っているか・・・これは大事な視点です。
が、こちらの日々のアンテナの張り方に、関わってくる問題です。
つまり、ふだんから聴いていないと、その区別が急にはできない・・・。


さらに、政策面では改憲についてが、また難しい・・・。

だいぶ前に話題になった本ですが、『憲法九条を世界遺産に』(集英社新書)は
面白かった。
爆笑問題の太田光さんと、中沢新一さんの対談スタイルの本です。

日本の憲法が“平和憲法”と云われる所以は、この第九条の「戦争放棄」が明記された
第九条があればこそ。

第9条

1項
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

2項
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、
認めない


解釈は色々あるようですが、「自衛のための戦力でさえ持てない」のか「自衛のため戦力を持てる」
のか、争点はそこでしょう。

世界に1つしかない希有な存在の日本国憲法。
こんなキナ臭い国際社会になっているからこそ、改憲問題は、私達の基本的な理解と興味を
深めないと、大変なことになります!


政治・経済・法律・・・今、大人は学ばなければならないことが、満載です!

私は投票日までに、何らかの答えが出るのかなあ?!

ともかくも、皆様、よ〜〜〜く考えて、大切な一票を入れましょうね!

posted by ピロコ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

“命のことば”が見つかったら

nakano00.jpg


昨日は、中野サンプラザで、イベントの司会でした。
年2回行われる、作詞作曲家のためのCDアルバム「窓辺の情景シリーズ」発売記念発表会。
100名ほどの関係者が集まり、8人の歌手が、24曲を披露しました。

シンガーソングライターの渡部まいこさんに、歌作りに関してインタビューしたとき、
とても印象的なことをおっしゃいました。
「私は“命のことば”をまず決めるんです。
これが決まると、イメージが目前に広がって、そのフレーズに自然にメロディがついて・・・」


あ、なるほど、確かに!!

私はいつも、全ての歌のイントロに、尺に合わせてナレーションをつけて紹介します。
ちょっと古いけど、かつてのTV番組『演歌の花道』の来宮良子さんみたいに。
恐れ多いか・・・(笑)

その作業をしているとき、私もいつもその歌の“命のことば”を探します。
これだ!と思えることばが見つかると、景色が浮かんできて、関連の言葉が次々に湧いてきて、
ナレーションができ上がります。


考えてみれば、朗読だって一緒です。
“命のことば”に出会ってしまうと、この作品を朗読したい!と思います。
そのことばを、きちんと聴き手に伝えるために、頑張ろうと思えます。
“命のことば”は、きっと今自分が必要としていることば、心の琴線に触れた
ことばなのですから。

私は見つけるだけですが、それをゼロから生み出す作家って、本当に凄い!!


言葉って、何だと思う?

けっしてことばにできない思いが、ここにあると指さすのが、ことばだ。

      (長田 弘 著『詩2つ』より、「花を持ってあなたに会いに行く」から)



nakno03.jpg


posted by ピロコ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。